FC2ブログ

自分のルールで戦う - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

自分のルールで戦う



相沢です。


前回、デートでのお店の選び方を
書いたら、
「昼間はどうすればいいですか?」

という質問をもらったので今回は
昼間について。

その前に注意点。昼でも夜でも共通
なんですが、基本的に自分のテリトリー
から外れないようにします。

自分のテリトリーとはつまり、
「この辺り一帯であれば、分からない
 場所は無い」

「道案内はオレにまかせな!」

っていう場所です。

僕は東京に住んでるんですが、
・新宿
・上野
・銀座

であれば、まず何が起こっても対処
できる自信があります。

どんなお店がどこにあって、そういった
お店の電話番号をすべて押さえてあって。

カラオケでも漫画喫茶でも、喫茶店でも
飲み屋でもタクシーでもホテルでも。

状況にあわせてすぐにプランを練り直せ
ます。

そういう場所が
「テリトリー」
です。

なぜ自分のテリトリー内でデートをするか
といえば、その方が女性を口説くうえで
圧倒的に有利だからです。

まず、自分がよく知った場所であれば、
意識を女性だけに集中できます。

初めての場所で勝手が分からず、そわそわ
する危険がありません。

さらに、不測の事態にもすぐに対応できる
ので、そういった事実があなたに「自信」
とか「安心感」といった雰囲気を与えて
くれます。

これがもし、うっかり初めての街とか
遊園地とかに来てしまうと、ちょっと
お昼ご飯を食べようとしただけでも

・歩いても歩いても、よいお店が
 見つからない…

・お店が混んでいる…並ぶべきか
 次を探すべきか…

・あの店もこの店も、入っていいものか
 よくないものか…判断がつかない…

と、こんな感じでオタオタしてしまい、
微妙な空気のまま微妙な時間が流れ
続ける。

などということがよくあります。

既に付き合ってセックスまでしている
女性とのデートであれば、こういった
事態もむしろ楽しめたりするんですが。

まだそれほどの関係ではない女性との
デートであれば、こういうのが致命的
なマイナス要因になることが結構ある
んです。

このオタオタ感が、男らしくない、
弱い、頼りない、と受け止められて
しまったり。

微妙な空気の部分だけを感じとられ、
「この人とはなんとなく合わないな…」
という印象を持たれたり。

逆に、デートがうまい男性、つまり女性
をセックスまでスムーズに誘導できる男性
というのは、まず、自分のテリトリー
を持ち、その範囲で戦います。

例えば僕の場合を具体例に挙げると。

新宿であれば、待ち合わせは東口交番前。

1件目はそこから徒歩3分の店。

2件目はそのお店からやはり徒歩3分
以内に候補が3店。

この3店は各店、ホテルの近くであったり
タクシーの近くであったり。

あとは話の流れと理由の選び方、により、
キスしやすそうな場所やらカラオケやら
漫画喫茶やら、すべて徒歩3、4分以内
で対応できます。

なぜここまでするかと言うと、デートが
始まってから終わるまでスムーズに段取り
よく進んだ方が、女性のテンションを気分
の良いまま維持できるからです。

これが最高にバチっと決まると、女性を

「今日はまだ『する』つもりじゃなかった
 のに、気が付いたらなんとなく『して』
 しまった…。雰囲気で…。」

という結果に誘導できます。

もし、うっかり

・歩いても歩いても、よいお店が
 見つからない…

・お店が混んでいる…並ぶべきか
 次を探すべきか…

・あの店もこの店も、入っていいものか
 よくないものか…判断がつかない…

等を挟んでしまうと、この微妙な雰囲気や
オタオタした状況の間に女性の頭が冷静
になってしまうことも間々あります。

「相沢さん、デートで段取りがいかに重要
 かはよく分かりました。でも、自分
 の住んでいる地域にはそんなに良い
 お店はありません。」

という人。

もっと必死になって、探してください。

例えば僕は、以前、インターネットで
検索しまくり、10件以上のよさげな
お店の地図を出力。

それらの地図を片手に、1日かけて1つ
の街を徹底的に歩きまわったことが何度
もあります。

どの漫画喫茶ならセックスが出来るか、
どのカラオケならヤリやすいか、
どの店ならタクシーまで近距離か、

頭の中でプランをいくつも練りながら、
ひたすら街を歩き回りました。

テリトリーを持つとは、そのくらいする
価値が十分にあるからです。

「自分は田舎ぐらしです」

という人。

別に必ずしも雰囲気のよいお店で
なくてもいいと思います。

景色の良い穴場や、海辺、公園。

車を駆使して、プランを練って
ください。

都会なら「徒歩」と「電車」
地方なら「車」

移動手段が変わり、「テリトリー」の
物理的範囲が変わるだけです。

自分のテリトリーを持ち、その中で
プランを練り、パターンを作り、実行
する、という本質は変わりません。

テリトリー、テリトリーと連呼して
いたらフト、幽遊白書を思い出し
ました(笑)

分からない人すみません(^_^;)

でも、あのイメージは近いです。

デートは女性との「戦い」であると
考えたとき。

かならず「自分のルール」に引き込み
「自分のルール」で戦えということです。

長くなったので、昼間のデートに
ついてはまた次回。

相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.