FC2ブログ

いじる技術の補足 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

いじる技術の補足



相沢です。


いぜん女性を‘いじる’技術について
書いたんですが、ある方から指摘して
もらいまして。

補足説明をします。

女性はそれぞれのM度が違っていて、
いじられることが好きな女性もいれば、
嫌いな女性もいる。

だからなるべく軽い‘いじり’から
入り、様子を見ながら重たくしていく。

という話でした。

そして、一番重たい‘いじり’の部分に

「はぁ。Aカップか。残念だ」
「あと5キロやせてればねぇ」

というのを具体例に持って来たわけです。

そのことについて、

「努力をしても変えられない身体的な欠点」
について触れるのはタブーなのでは?

というご指摘です。

で、これに関する僕の答えですが、
「基本的にまったくその通り」
です。

多くの場合、それが正解ですし、
一番無難だと思います。

特に、女性が本当に気にしている部分
については触れない方がよいです。

ただ、それでも
「はぁ。Aカップか。残念だ」
「あと5キロやせてればねぇ」

といった重たい言葉が使える場合
が2パターンあります。

パターン1
そもそも、こういった肉体面について
本当はコンプレックスを持っていない女性

たとえば、誰の目から見ても美しく、
モデル体型であり、その女性自身も
そのことをちゃんと理解している場合。

この場合、ただの言葉遊び的に使えます。

女性自身も、言葉では
「ダイエット」だの「バストアップ」等言って
いますが、本心では全然重要視していない

そして現実的にかなり男性からモテている
女性にこれが使えることが多いです。


パターン2
その女性がかなりのM

基本的に‘いじり’は女性が心地よいと
思える強度でするんですが、中には
こういった肉体的なコンプレックスを
指摘されて、傷つきながら喜ぶ女性
がいます。

ちゃんと本当に傷ついているんですが、
でも、同時に少し安心と喜びを感じる

アンビバレント

というやつです。

パターン1とは逆に、自分に対して
極端に自信が無い女性に時々
見受けられます。

いずれにしましても、少しずつ‘いじり’
の強度を上げていき、女性が最も
気持ちよいところで止める。

が基本です。

さて、細心の注意を払って毎回記事を
書いているんですが、ときどき粗っぽい
表現をしてしまうかもしれません。

もし記事を読んで
「おや?相沢は何を言ってるんだ??」
「それは違うのでは?」

と思うことがあれば、ぜひメールを
ください。

本気で正直に答えますし、僕が
間違ったかな、と思えば、メルマガ上
で謝っちゃいます。

間違いに気が付かないままってのが、
僕自身一番嫌だからです。

あ、でもガラスのハートなんで、
優しくお願いします(笑)


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.