FC2ブログ

運命の女性を見つける方法 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

運命の女性を見つける方法



相沢です。


結婚したい。

このメルマガを読んでくれている人には、
かなり多いです。

でも、
「本当にこの女性でいいのだろうか?」

こういう疑問が消せなくて、女性を
厳しく吟味し続けたまま、いまだに
結論が出せない。

歳をとればとるほど慎重になり、
「本当にこの女性に決めてしまっても
 いいんだろうか?」

そういった疑問が消せないまま、
いつまでも、今のパートナーで
決められない。

あるいは、せっかくの出会いも、
「もしこの人とお茶をして…」
「その後、仲良くなって付き合って…」
「そのままセックスしたら別れられなく
 なって…」
「疑問を抱えたまま結婚して…」

そうやって先を想像すると怖くなり、
結局どの女性とも仲良くなれない
でいる。

こういう人もいます。



決められない。



お茶に誘うのも、デートするのも、
セックスするのも、付き合うのも、
結婚するのも。

「本当にこの女性でいいのだろうか?」

「自分は、後悔しないだろうか?」

そうやって迷いを抱えたまま、
先へ進むことができない。

今回は、この迷いをテーマに書きます。

まあ言ってみれば、
「幸せの青い鳥を探している」
「白馬の王子様ならぬ、お姫様を探している」


「運命の女性」


を探しているのかもしれません。

こういう男性。

で、僕なりに思うんですが、

・現在、その女性に対して70%
 くらいに満足していれば、その
 女性に決めてしまって良い。

のではないでしょうか。


たぶん、「運命の女性」を探し
続けてしまう男性は、


・時間を積み重ねることの重要性


について、少し鈍感なんだと
思います。


ちょっと冷静に考えてみて欲しい
んですが、男女の関係の熱さ、その
熱がず~っと100%、120%で続く。


なんてことが、現実にあると思い
ますか?

生涯、その女性を120%愛し続け、
その熱が永久に冷めない。





僕は、無いと思います。


どんなに好きな女性でも、ある時は
60%、またある時は90%

120%愛していると感じることも
あるかもしれません。

お互いに生き物です。

いつだってその温度は揺れていて。

その方が普通だし、それでいいんじゃ
ないでしょうか。


パートナーを60%くらい好きだな、
と思う日もあれば、120%くらい
好きだな、と感じる日もある。


どんなに心に決めた相手であっても、
たまにはメンドくさくもなりますよ。

時々、まじでイラっとします。

でも、それで良いのではないでしょうか。

そっちの方が健全だし、
「リアル」だと思うんです。

でも、決められない男性は、いつも
どこかで、永久に120%の女性を
求めてしまう。

まあ、存在しないものを追い続ける
わけですから、そりゃあ決められ
ないわけですね。

まさに「幸せの青い鳥」


ではどうすればいいのか?

その答えが、

・時間の積み重ね

だと思います。


たぶん、本当に大切な人間関係
というのは、長い時間を共有
することでしか構築できない
んじゃないでしょうか。


出会ったその瞬間だけ、120%好き
だと男が勝手に思いこんでいる女性。


なのか、


60%から100%くらいを
行ったり来たりしながら、でも、
沢山の喜びと、沢山のケンカと、

そして沢山の思い出と。


そういった感情を積み重ねた女性。


なのか。


本当に大切な、本当の意味での
運命の女性、

僕は、後者だと思うんです。


つまり、「運命の女性」とは
出会うものではなく、共に
築き上げるものではないか、と。


だから、120%を求めてさ迷い
続けるよりも、70%くらいだと
思う女性と一緒に築き上げる。

その結果、その女性が「運命のひと」
となる。


ドライな言い方をすれば、これが
1番、建設的だと思うんです。


それに、どうあがいたって、女性
は赤の他人です。

120%だと思っていればそれは
あなたの幻想。

むしろ70%くらいに感じる方が、
よりその女性をちゃんと
見れていると思います。


本当に大切なものを築き上げるには、
時間が必要です。

僕は、そう思います。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.