FC2ブログ

復縁する方法その3 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

復縁する方法その3



相沢です。


「復縁」する方法の第3回目。
完結編です。

「復縁」に至るまでには3つの問題を
クリアしなければならない。

1つめ。
付き合い始めた当時

フラれた当時の比較

彼女に対する自分の態度の、何が
変わってしまったのかを確認

2つめ。
そこから、フラれた原因を特定し、
自分の心のクセを再認識。

自分の心のクセとどう折り合いを
つけるかを決定。

ここまでが
「復縁」の方法の1回目と2回目。

そして今日は3つめ。

これは、「復縁」に限らずフラれた
後の対処法として全般的に言える
ことなんですが。

「復縁」の場合、特に有効だと思います。

それが、

・時間を使う

です。

もしあなたが、過去、付き合っていた
女性がいたとして、何らかの原因で
別れていたとしますね。

そういう人は、よく思い出してみて
ください。

学生時代の彼女、とか。

今となっては結構いい思い出じゃない
でしょうか。

別れたてホヤホヤならともかく、半年
から1年もたてば、なんとなく懐かしく
もなり、

「あれはあれで、良い思いでだよね」

となり易いものです。

そこで、「復縁」の場合もこの心理を
利用します。

最低でも半年、できれば1年は時間を
おき、相手の女性のなかで、あなたと
の思いでをすべて

「あれはあれで、良い思いでだよね」

の状態にしてください。

それまで、連絡は取りません。

この「半年から1年」
という時間が重要なんです。

逆に言うと、このくらいの時間を空け
て、いったん女性のこちらに対する
感情をクールダウンさせなければ、

こちらがどんなに、付き合い始めた
当初の自分をアピールしたとしても、

「どうせ、復縁したくて、そうやって
 振舞っているんでしょ」

「これで付き合ったって、すぐにまた
 別れた頃のあなたに戻るに決まってる」

と思われてしまいます。

だからこの場合の
「半年から1年」
という時間は、

・女性の感情をクールダウンさせる

他にも

・あなたが「男」として、以前とは違う。
 変わったんだ!

ということを納得させるための根拠
としても有効なわけです。

1年見ない間に、この人は変わったんだ!

というための根拠。

あとは、半年から1年もたったころ、
「久しぶり(^^)元気?」

みたいなライトなメールを送り、懐かしさ
をきっかけにもう1度、彼女を口説きなおし
ます。

まとめます。

「復縁」の方法

ステップ1:
付き合い始めた当初

フラれた当時

自分の、彼女に対する態度を比較

ステップ2:
フラらた原因と、自分の心のクセを分析。

自分の心のクセとどう折り合いをつける
のかを決断

ステップ3:
半年から1年の後、
「ひさしぶり(^^)元気?」

というライトなメールを送り、これを
きっかけにもう1度彼女を口説きなおす。

です。

相沢蓮也。

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.