FC2ブログ

おとなしい女性と会話で盛り上がるには? - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

おとなしい女性と会話で盛り上がるには?



相沢です。


「おとなしめの子と話が盛り上がらない」
という相談を受けました。

実はこの種類の相談を時々受けます。

○○なタイプの女性と会話を盛り上げる
ことができない。。。

なぜでしょうか。



こういった悩みを持つ男性の多くは、
逆に言えばつまり、

ある一定のタイプの女性ならば、
会話を盛り上げることが出来ている

わけですよ。



そうして、話を盛り上げるというのは、
相手が誰であれ、本質的には変わりません。


一定のタイプの女性と、会話を上手く
盛り上げる力があるのであれば、

これは表面的な、わりとすぐに
解決できる問題です。


それは何か?

この場合、会話の入り口の部分で
つまづいているんだと思います。


考えられる可能性は2つ。

1、ノリがあっていない。
2、女性の心を開けていない。

です。


そして、

2、女性の心を開けていない


というのは、

1、ノリがあっていない。

の、ノリの部分を合わせる
ことでかなり解消できます。


よって今日は、女性のノリの話。


僕の場合、狙った女性が人見知りの
激しいタイプだと思ったら、

会話のノリはなるべく女性に
合わせるようにしています。


ノリ、というのは、

・テンション

とか

・テンポ

とか

・間

ですね。

結局のところ人は、この「ノリ」に
対して自分との違いを感じれば
感じるほど、苦手意識を抱きやすい
んです。


そして派手なコであろうがオトナシい
コであろうが、「ノリ」の違いを
受け入れ易いコと、受け入れにくいコ
がいます。


そして、この「ノリ」の違いを受け入れ
にくいタイプの女性を

・人見知りが激しい

といいます。



だから当然、外見が派手だったりノリが
派手な女性にも人見知りは沢山います。


・人見知りが激しいコ


こういうコは、自分とのノリの違いに
対して敏感であり、自分と「ノリ」が
違うと感じれば感じるほど、心に壁を
作ってしまいます。


だから、まずはノリを合わせてください。


女性と、テンションの高さや
会話のテンポを合わせるんです。


これによって、たとえ服装等の外見
が違ったとしても、

「あ、意外と話しやすいかも…」

となり、向こうからも心を開いてきて
くれます。


参考までに書きますが、

僕が最近仲良くなって、ホテルに
行った女性で、

あまりしゃべらないコがいました。

そのコは自分でも、
喋るのが得意でないと公言していて、

そのことにコンプレックスを持って
いました。

そこで僕が取った戦略は、

・彼女のテンポを尊重する

です。


バーで横並びになって2人でお酒を
飲んでいたんですが、2人とも、
ほとんど話しません(笑)

ときどき、思いついたように、彼女
が話しはじめるのを、ゆっくりと
うなずいて聞く。

同じくらいの長めの間をあけて、
こちらもポツポツと質問をする。

と、まあ、こんな感じ。

たぶん、外側から見たら、倦怠期の
カップルか、あるいは、まったく
盛り上がっていない男女。

に見えたはずです。

でも、ちゃんと彼女を観察すると、
すごくリラックスしていて、

そのテンポに安心しているのが
分かります。

そういえば、ずっと前に仲良くなって
セっ○スした子も、

落ち着いて、延々と日常のどうでも
いい会話をし続けたパターンがありました。

たぶん、
「会話が盛り上がる」

という言葉の定義の問題じゃないで
しょうか。


こちらが勝手に思い込んでいる、

・お笑い芸人的であったり

・2人ともやたらテンション高かったり

・男性の一方的な、過去の体験上での
 盛り上がり

といった、まあ、言ってみれば
「あなたの中での会話の盛り上がり
 の定義」

と、

「女性が求める会話の盛り上がり
 の定義」

とがズレている可能性がある、と
いうことです。


では、どうすればターゲットが
求める会話の盛り上がりが分かるのか。

基本は、彼女のノリをマネする、で
オッケーです。

まとめますね。

ステップ1:
あなたの中の
「会話が盛り上がっている状態」
という思い込みを忘れる

ステップ2:
彼女の会話のノリ
(テンション・テンポ・間)
を観察

ステップ3:
彼女のノリをマネする

です。

なお、打ち解けるに従って、彼女のノリ
が変化することもよくありますので、
その変化も見逃さないでください。

どんな時でも、1番重要なのは
「観察」です。


相沢蓮也


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.