FC2ブログ

勇気がないんです…3 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

勇気がないんです…3



相沢です。


「勇気」なんて実体は、本当は存在しない。

あるのは「みえ」と「慣れ」と「複数」
だけであり、この3つが揃うと、まるで
「勇気」があるかのように振舞える。

ということが言いたくて、書き始めたその
3回目。

さて、ナンパ、ネットナンパと
経験を積むなかで感じたこと
が、仲間の重要性。

やはり、仲間内の「みえ」という
のは強力です。

仲間に対してみっともない姿は
みせたくない。

という気持ち。

たぶん、その後僕がパーティー、
サークル、合コンと活動を続けられ
たのも、この「みえ」が大きいと
思います。

がんらい人見知りの激しい僕に、
知らない人の輪に飛び込む「勇気」
はありません。

だから僕は、新しいことを始める
ときにはまず「仲間」を作り、その
仲間達に対して「みえ」をはるんです。

たとえば合コン。

最初は不安で不安で仕方ありません
でした。

合コン当日、緊張しまくり。

合コンが始まる1時間くらい前になる
と、男だけで1回集まっていたのです
が、そりゃあもう、ドキドキしまくり。

フと仲間をよく見ると、彼らもかなり
緊張しているのが分かりました。

テンションが普通でないというか。
やたらと無意味なことをしゃべったり、
逆にまったく話さなかったり。

僕も同じだったのですが、とにかく、
もう、集まってしまった。

女性とも約束している。

逃げられない。

本当はもう、全部キャンセルして
家に帰ってファイナルファンタジー
でもやっていたい。

でも、そんなみっともない姿を
見せたくはない。

そう思い、ただただ必死でした。

それが10回、20回と続くうち
に、「慣れ」がきます。

こうなるともう、合コン当日、
女性がくるまでただ暇なだけ。

まったく緊張せず。

これも、なんのことは無い。
別に勇気が有る無いではなく、
ただ「慣れ」てしまっただけ。

こうして、あらゆる出会いに
ついて、初めは「みえ」で無理
していたのが、いつの間にやら
「慣れ」に変わっていました。

その先、女性に声をかけたり、
誘ったり、キスしたりセックス
したり。

ここからは、「慣れ」もあります
が、それよりも「複数」の方が
強いと思います。

そこで、次回、この「複数」に
ついてお話します。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.