FC2ブログ

メールで口説く方法その1 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

メールで口説く方法その1



相沢です。


前回の続き。

メールで口説く方法について。

読者の方から
「メールを使って、どの程度茶化し、どの
 程度褒めていいのか難しい」

という質問をもらいました。

すごくよい質問だと思いました。

なんていうか、こういう疑問を持てる
こと自体が、かなり、メールの本質に
近づいているように感じます。

メールという道具を使って、

「どのていど茶化し」
「どのていど褒めるのか」

なぜ難しいのでしょうか。

これが分かると、メールで失敗
しなくなります。

メールで失敗しないとは、つまり、
2,3回メールして、あとは女性
からの返信が無くなる…

とか、

いきなりメール無視

とか、

そういう事態を回避できます。

ではいきましょう。

まず、基本として1番覚えておいて
欲しいのは、

「メールとは、あくまでも現実
 世界の続きである」

ということです。

メールで失敗する人の大半が、
これを忘れています。

言葉にすると実に簡単ですが、
実際に女性を相手にすると、みんな
これを忘れます。

例えば、A男とC子が現実の世界で
出会ったとします。

舞台は合コンだとしましょうか。

A男はC子が気になる。でも、合コン
ではほとんど話せなかった。

合コン終了後、とりあえずみんなで
電話番号でも交換しましょうか、
という流れになり、みんなで交換。

結果的にA男はC子のメールアドレス
をゲットしたわけですね。

そこでA男はどうするか。

「よし!ともかくメールアドレスを
 手に入れたわけだから、これで
 何とかC子を口説くぞ!!」

はい。これ、負けパターンです。

なぜか。

合コンの時、A男はC子とはほとんど
何にも話せませんでした。

それはつまり、C子にとってA男は
「これといった印象のない、よく
 分からない男」

となります。

C子はA男のことが、よく分からない
んです。

さて、そんな状態の時に、A男はC子
を口説こうと思い、必死にメールした
とします。

口説こうとするメール

パターン1:
A男が自己紹介やらA男の1日の
出来事やらを長文で送る

C子の印象
よく分からない男から、いきなり
興味の無い長文メールが送られて
来て、気持ち悪いと感じてしまう。

また、実際に会っている時は
全然しゃべらなかったのに、メール
になるといきなり話し出すので、
そのギャップが怖いと感じる。

パターン2:
A男がC子に色々質問する

C子の印象
よく知らない男からのいきなりの
質問攻め。気持ち悪い、怖い。

パターン3:
からかう。冗談を言う。

C子の印象
合コンの場でA男がC子に対して
たくさん、からかったり、冗談を
言ったりしていれば別だが、そうで
ない場合、単純に失礼なやつと
思われる。

メールはニュアンスが伝わり辛い
ので。

パターン4:
褒めてみる

C子の印象
褒めたり、好意を伝えることを
メールなどで行うと、こちらが
意識する10倍くらい重たく
感じられてしまう。

よって撃沈。

と、まあ、はっきり言ってしまえば、
何をやってもダメなわけです。

結論を言いますと、メールとは
あくまでも現実の延長なので、
メールが上手くいくかどうかは、
実際に出会っている時に、既に
決まってしまう。

です。

実際に会っている時にちゃんと
話をして、その会話の内容と、
その時のキャラの延長をメール
でも行わないとダメなんですよ。

ただし、1割か2割くらいの例外
もあります。

実際に会っている時にほとんど
話せなくても、メールで上手く
いく場合。

ちょっと長くなりましたので、
また次の機会にでもお話しますね。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.