結婚できない金持ちの話 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

結婚できない金持ちの話


相沢です。

もう10年以上まえのことに
なりますが、

叔父が亡くなりまして、

貯金が1億円以上あることが
分かりました。

「分かりました」

といっても、
僕が知らなかっただけで、

僕の両親や
おばあちゃんなんかは
もちろん、

知っていたようですが。

叔父は、死ぬまで独身でした。

僕がまだ小学生だったころ、
よく遊んでもらったり、

ゲームやおもちゃを
買ってくれた人で、

あのころは、

僕が幼かったこともあって、

叔父は強くて立派で
ヒーローみたいに、
格好よく見えていたのですが、


僕が、大人になってみると、

ぶっちゃけた話、

「なんだか、
 みすぼらしいおっさん」

というイメージでした。

叔父は背が小さくて、

日に焼けた真っ黒な肌に、
酒やけした顔、

生活もとても質素で、

みなりに気を使うタイプ
ではなく、

話も下手でした。

土建の仕事をしていて、

「仕事がキツイ」
という理由で

50歳くらいで引退して、

おばあちゃんと
一緒に暮らしながら、

ひとりで畑をたがやしている。

そんな人でした。

僕がはじめて就職したとき、

僕の初任給の話を聞いて、

「おお、最初からそんなに
 もらえるんだ。
 すごい会社だね」

って言っていて、

ちなみにその会社は、

世間的に見れば、

むしろかなり給料が
低かったのですが、

当時の僕は、

「叔父からみると、
 こんなしょぼい給料でも、
 すごく見えるんだ…」

なんて思ったものです。

今にして思えば、

叔父は、

僕を喜ばせるために、

わざと驚いてくれたんだ、

って分かるんですけど。

当時の僕は、

叔父のことを、

土建業界で下っ端として、

安い賃金で、
いいように使われて、

仕事がきつくなって
50歳で隠居してしまった、

しょぼいオッサン、

と思っていましたので。。。

いま、冷静に考えてみますと、

仕事はめちゃくちゃ
きつかったけど、

充分にかせいだので、

50歳で早期リタイアして、

ひとり残された
おばあちゃんの
めんどうを見つつ、

あとは畑でも
たがやしながら、

質素に、のんびりと
自分の生活をしていた人、

だったわけです。





ところで、

なぜ僕が、こんな話を
したのかと言いますと、

もちろん、

僕の性格の悪さを
伝えたかったから
ではなくて、

僕が叔父のことを、

「みすぼらしいオッサン」

から

「アーリーリタイアした
 すごい人」

に変わった、一番の
原因というのが、


叔父が、

1億円以上の貯金を
持っていた、

という、

この事実を知ったから
なんです。

他は、なに一つ
変わっていません。

今、思い返してみても、

ぼくの叔父さんは、

背が小さくて、

日に焼けた真っ黒な肌に、

酒やけした顔、

生活もとても質素で、

みなりに気を使うタイプ
ではなく、

話も下手な人。

です。

ほんとに、なんにも
変わってはいないのに、

・1億円

という数字は、

こんなにも
パワーがあるもの
なんだな、

と、考え込んで
しまいました。





昔、七星明さんという人が、

「愛を手に入れるためには
 お金はいらない。

 でも、手に入れた愛を
 維持するためには、
 お金が必要だ」

というようなことを
言っていて、

強く印象に残っています。

「そうかもしれないな…」

って思います。

こんな仕事をしていますと、

同業のかたで、

「金で女の心は手に入らない」

「金なんか関係ない」

「そんなものなくても、
 いくらでもイイ女を落とせる
 本物のオスになれ!」

みたいなことを
言う人をみかけますけど、

「いやいや。
 そうはいうけども。
 
 おまえ、そうやって
 教えることで、

 めちゃくちゃ
 稼いでんじゃんっ!!」

って、思います。

こういう人は、
たしかに、

女性を口説くときに、
直接には、
お金を使っては
いないのでしょう。

けれども。

その洋服、

その環境、

その知識、

その経験、

どれも、沢山のお金を
使うことで手に入れて
来たものでしょうし、

何よりも、その時間だって、
手に入れるためには、
お金は必要だったはずです。

そして、その自信。

「オレはいつでも、
 こんなに稼げるんだ」

っていう、
それは、

今のその人の
『自信』からは、

切り離せないもの
なんじゃあないでしょうか。





僕が尊敬している人に、

村上宗嗣さんという人がいて、

この人は、

ほんとに、漫画みたいな
人生をかけあがって、

億万長者になった人
なのですが、

彼があるとき、

「貧乏な純愛よりも、
 
 ニセモノの愛でも、
 お金持ちのほうが、

 実際は幸福なことって
 ありますからね」

みたいなことを
言っていて、

これ、

他の人が言ったなら、

僕は、きっと、
鼻で笑ったんですけれども、

村上さんが言うと、

胸に引っかかるものが
あって、

なんか、忘れられません。





恋愛に、お金は関係無いのか?

僕にはまだ、
答えを出せてはいません。


相沢蓮也
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.