幸せってなんだろう? - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

幸せってなんだろう?



相沢です。

恋愛を教えていて
ときどき感じます。

「幸せってなんだろう?」

って。

そして1つ、
確実に言えることは、

幸せは、

「せっ○スした女性の数」

ではないし、

「希望通りの女性と付き合えること」

でも無いかな、

ってことです。


10年以上、

たくさんのお客さん
たくさんの男性を見てきて、
つくづく、思います。

「せっ○スした女性の数」

が多くても、少なくても、

深く悩んでいる人は
悩んでいるし、

特に困っていない人は、
困ってません。

「希望通りの女性と付き合えても」

それが一時的な快感や
一時的な満足で終わり、

また、うじうじと
理想の女性を探し始める
男性はたくさんいますし、

逆に、

最初はそんなに
本気じゃなかった
はずなのに、

気が付いたら、
そのオンリーワンの女性と
幸せな人生を送っている人もいます。

もちろん、その逆も。



難しいですよね。

何をやっても、

上手くいく人はうまくいくし、

上手くいかないひとは、いかない。

お客さんからの希望があるので、
僕はおおむね、

「沢山の女性とせっ○スをする」

とか、

「望み通りの女性と付き合う」

みたいなことをテーマにして、

情報を配信したり、

コンサルをしたりして
いますけれども、

実際に、その通りの現実を
手に入れたからといって、

じゃあ、その男性の人生は、
その後、すべてが幸せなのか?

それさえ実現すれば、
完全に満たされるのか?

というと、

答えは全然、
NOなんですよね。



じゃあ、どうすれば良いのか?

沢山の女性とせっ○スを
してもしなくても、

完全に希望通りの女性と
付き合えても、
付き合えなくても、

どっちにしろ、

幸せになるために
必要なことって
何だと思いますか?




これと関連して、

今日は、
お金と幸せの関係について、
少しくわしく

お話してみようと思います。


例えば、
Aさんという人がいて。

年収が、
400万円だとします。

そして次の年、

Aさんの年収は、
500万円になりました。

さらに次の年、

Aさんの年収は、
600万円です。



一方でBさんという
人がいたとします。

Bさんの年収は、
1000万円です。

ところが次の年、

Bさんの年収が、
900万円になりました。

さらに次の年、

Bさんの年収は、
800万円になったとします。


Aさんは、
年収が100万円ずつ
増えていて、

Bさんは、
年収が100万円ずつ
減りました。

この段階で、
AさんとBさんは

どちらの幸福度が
高いと思いますか?

っていうと、

これ、ほとんどの場合、

Aさんなんですよ。

総額でも、現在値でも
Bさんのほうが
年収は高いのに、

この状態だと、まず、

Aさんは満足感と幸福感を
感じながら生活しているし、

逆にBさんは、
年々へってゆく
その数字におびえ、

恐怖を感じながら
生きることになります。



何が言いたいのか?

っていうと、

幸福とか
人間の感情っていうのは、

400万とか
1000万とか

そういう、

ある時点での

数字そのものの中

とか、

その時点での
現実そのものの中

にあるのではなくて、

あくまでも、

過去と現在との『差』
の中にある、

ということです。


ですので例えば、

現金で1億円の
貯金があっても、

そこで仕事をやめて、

あるいは、
働けなくなって、

その後、
毎年少しずつ、

1億円の貯金を
切り崩しながら

生活する人が
いたとしますよね。

そしたら、その人は、

めちゃくちゃ
不幸なわけです。

毎日、貯金がすり減ってゆく
恐怖におびえながら生きる
ことになります。

「ああ、今年はこんなに
 減ってしまった…」

って。毎年。

これは理論上、

10億円でも、100億円でも
同じなわけです。

・いくらあるかは問題では無い

・すり減ってゆくことこそが問題

なのです。

だから、大富豪のみなさん、
なんやかんやいっても、

働き続けますし、

資産を増やそうとし続け
ますよね?

「そんなにお金があっても、
 使いきれないでしょ?」

っていう問題じゃあ
ないんですよ。


・増えていること

・減っていること

それ自体が問題なんです。

それ自体が、
人間の感情と結びつき、

幸福感や不幸感に
影響するのです。

ですので例えば、

ある年に、

それまで年収100万円
だった人が、

大成功して10億円稼いだと
しますよね。

そして次の年、20億円。

さらに次の年、21億円。

そうすると、

この人の、感じ方としては、

100万円から10億円に
なった時が一番ヤバいわけです。

年収がいきなり1000倍です。

脳内麻薬がドバドバでます。

最高の気分です。

ところが次の年は、

10億から20億なので、

2倍になっちゃいました。

いや、10億から20億って、
数字だけみたら
すさまじいですよね。

でも、この人の中の快感値は、

1000倍だったものが、

たったの2倍になっちゃうので。

実は、周囲が思うほどには、
快感も幸福も無いんですよ。

10億ってすごいはずなのに…

そしてさらに次の年。

20億が21億になると。

まず、ほとんど快感は
得られませんし、

人によっては、

むしろ逆で、

「伸び悩んでいる…」

という強いストレスを
抱え始めます。

1000倍の快感と
比較しちゃうので。

どうしても、不満を感じます。

で、
「あの時の」
「1000倍の快感」

に執着してしまう人が、
だいたいおかしな事をして、
落ちぶれたりします。

こういうのを、

昔の人は、

「山たかければ、谷ふかし」

って言いました。

ビジネスとか、
自己啓発の世界だと、

「ダークサイド」
って表現する人もいますね。



こうしてみると、

幸福ってたぶん、

・ゆるやかで継続的な成長

なんだと思います。


恋愛も一緒です。


あなたが何人とやろうが、

あなたが誰と付き合おうが、

そこに幸福はありません。

あなた自身が、

あるいは、

あなたと、
今のパートナーの2人が、
一緒になって、


ゆるやかな成長の中で
生きているかどうか?


前に進んでいる感覚を
得られているかどうか?


そういう意味では、

実は、

・成長の近くにいる


というのでも良くって、

だから、多くの場合、

子どもは、幸福の象徴として
とらえられていますし、

先生とか、
教育にたずさわる仕事が

ぜんぜん労働に見合った
給料なんかもらえないのに、

それでも、人気だったりします。

自然と、ゆるやかな成長の
かたわらにいることが
出来ますので。

それは、とても
幸福なことなのですよ。




ですので、

あなたが今、

どんな外見をしていて、

どんな肩書をもっていて、

どんな年収で、

どんな恋愛経験をしていて、

どんな女性と付き合って
いようとも。


実はそこは、

本質的には、
重要ではありません。


短期的に見れば、そこに
『快楽』はあるのだけれども。

『幸福』は少し違うようです。


相沢蓮也
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.