女性に媚びないためには - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

女性に媚びないためには



相沢です。


以前、このメールマガジンで


「女の子を口説きたいのであれば、
 あなたの欲望はいったん無視して、

 まずは相手の女性が求めているものを
 満たしてあげてください」


というような事を言ったところ、


「媚びる事と、口説きたい女性が
 求めている部分を満たす事との違いが

 私には理解できません。

 相手がもしも『お金』を求めているのなら
 『お金』を貢ぐべきなのでしょうか?

 『愛』や『時間』を求めているならば
 見返りなど期待せず与えるべきなのでしょうか?

 『媚びる』と『与える』の違いを教えてください」


という質問をもらいました。


この答えは、簡単です。


『媚びる』のは、無理をしている時。

そのうえで、

相手の女性の体を欲しがったり

「付き合う」的な取引をしようという
下心があるとき。


『与える』のは、無条件です。

余っているから、与えられるもの、です。


あなたは、「10」で満足する
性格だったとします。


で、「12」を持っていて、

つまり、「2」の余裕があるとします。

そしたら、この「2」をあなたが
好きな人に、「与える」としますよね?


これが、『与える』です。


無償で『与える』ものだし、
無条件で『提供』できるものです。


一方で、あなたが「10」で満足する
性格であったとして、

しかしあなたは、「10」ぴったり
しか持っていないとします。


この中から、他人に「2」を与えると
誰でも必ず、『見返り』を求めます。


というか、「10」で満足する性格で
「10」しかもっていないのに、

その中から無条件で「2」を与える
ということを人は普通はしません。

必ず、「2」与えたんだから、
お前も別の「2」をオレに渡すべきだよな。

という考え方をするものです。

こういう下心を女性に向けたとき、
それは『媚びる』ことになります。


ちなみに、

「自分はモテない」

「自分に自信が無い」

と思っている、ほとんどの男性は、


「10」で満足する性格だったとして、

「7」とか「8」くらいしか
持っていません。

そうして、特定の女性が欲しくて
「2」とか「3」を差し出します。

だから、

・まったく余裕が無い

し、

・ガツガツしている

・性欲魔人

・重たい

・気持ち悪い


と女性から思われてしまいます。


「余裕がある男はモテる」

って言われるのは、こういうことです。


余裕がある男は、

特定の女性に向けて、
『見返り』を求めた好意を、
一方的に押し付けたりしません。


余裕のあるぶんだけ、

余裕をもって、ただ与えます。

与えたいから、与えるだけ。

与えられるから、与えるだけ。

出来ちゃうから、するだけ。

まったく無理がありません。

だから、その「与える」は、
「与えられた方」も気持ちよく
受け取れます。


・・・

さて。

分かりやすくするために、
もう少し具体的な例を
見てみましょうか。


以前、女の子とヤリたくてヤリたくて
しかたが無いという男性から、

「一緒に食事に行けたとして、
 そこでどうすれば良いでしょうか?

 食い逃げされたくありません」

という相談を受けました。


「食い逃げされたくない」

つまり、


女の子に飯だけ食わせて、
結局、せっ○スできなかった…

ということには、なりたくない。


という意味です。


これ、完全に『見返り』を
求めていますよね?


食事代はオレが持つんだから、
お前はせっ○スさせろよな!

っていう。


これが、『媚び』です。


余裕がありません。


「じゃあ、お金持ちじゃないと
 女の子は口説けないんですか?」


って考える男性もいそうですが、
そういう事ではありません。


これは、けっこう『考え方』の
問題が大きくて、


例えば僕は、

年収1000万~3000万
くらいの人の相談なんかも
よく受けるんですけれども、

そのくらいの年収があっても、

「ただ飯は食わせたくない」

「食い逃げされたくない」

みたいな考えかたの人って
いくらでもいます。


つまり、最初の説明に戻れば、

「12」持っていて「10」で
満足する性格とかではなくて、

「100」持っているけれども、
「120」ないと満足できない
性格の人って、いるんですよ。


これ、どっちがモテるか
っていうと、

「10」で満足できる男性が
「12」を持っている場合の
ほうが、モテます。

「2」の余裕があるんで。

「100」持っていても、
「120」無いと満足できない
男性は、まったく余裕がないので。


というわけで、ホント、これ、

金持ちだから必ずモテるか?

っていうと、そうでも無いんです。


なので、『考え方』ですね。


で、僕はどういう『考え方』で
女性と接しているか?

っていうと、


女性とデートするときは
いつでも、


・勉強をさせてもらう


というつもりでいます。


「食事代を払ったから
 せっ○スをさせろよな!」

ではなくて、

「食事代を支払って、
 勉強させていただく」

です。


食事代は、僕が女性に対して
支払う、授業料です。



なので、逆に言うと、

つまらない女とは食事は
しませんし、

そういう意味で、僕は

尊敬できる女性しか口説きません。


せっ○スは結果論ですので、

そこは割と、してもしなくても
どっちでもよくって、

それよりも、

自分が興味を持てる女性に対して、

時間とお金と労力を支払って、

勉強させていただく。


せっ○スするのも同じで、
射精がしたいんじゃなくて
女性を勉強したいんです。


なので、最初の話と少し
違ってしまいますが、

僕はわりと無理して、
女性に「与える」ことが出来ます。


例えば僕が、「10」で満足する
性格だとして、

「10」しか持っていないとする。

で、その中から「2」とかを
与えるので、

必ずそこには、『見返り』を
求める気持ちがあるわけですが、

でも、その『見返り』は、
僕にとっては、

その女性の体とかではなくて、

その女性と過ごす時間そものも、

その女性が話してくれる
その女性の人生経験、
ものの見方、考え方、

そういう全てが、

僕にとっての『見返り』であり、
報酬です。


なので、「付き合えよ」とか
「せっ○スさせろよ」的なものを
求めませんので、

少しくらい無理して与えても、

・余裕が無い

・ガツガツしている

・性欲魔人

・重たい

・気持ち悪い

みたいな印象は、与えません。



さて、以上を踏まえたうえで、
最初の質問に戻ってみましょうか。


「媚びる事と、口説きたい女性が
 求めている部分を満たす事との違いが

 私には理解できません。

 相手がもしも『お金』を求めているのなら
 『お金』を貢ぐべきなのでしょうか?

 『愛』や『時間』を求めているならば
 見返りなど期待せず与えるべきなのでしょうか?

 『媚びる』と『与える』の違いを教えてください」


でしたね。


まず、

「相手がもしも『お金』を求めているのなら
 『お金』を貢ぐべきなのでしょうか?」


の答えは、YESです。


ただし、この質問が、
何を想定しているのかで
少し事情は違っていて、

例えば、キャバクラみたいな
ところを考えているとして。

本職っていうのかな、

本気で、将来も水商売の
世界で生きていきたい!

将来は銀座に自分のお店を
持ちたい!

みたいな女性は、本気で
お金を求めていますので、

あなたに、その余裕があるならば、

つまり、
「これだけ貢いだんだから、
 やらせろよ!」

的なのじゃなくって、ガチで
そういう女性を支えるだけの
財力に余裕があるならば、

この女性にお金を使うのは
有効です。

あと、ガチで生活かかってる
女性とか。

超有効です。

そのお金は、頼りがいとして
受け止められます。


もちろん、お金『だけ』では
なかなか落とせませんが、

それでも、非常に有効な武器です。


逆に、

アルバイト感覚、

学生時代の人生経験、

男を翻弄(ほんろう)してみたい

というモチベーションの
女性であれば、

どんなにお金を「与えても」
無駄でしょう。

そもそも、本質的に、
その女性はお金を求めては
いませんので。


もしも、あなたが、
その女性からお金や物を
求められたとしたら、

それは、その女性が本心から
お金や物を求めているのではなくて、

あなたといる時間が退屈だから、

あなたといる時間が苦痛だから、

せめて、その見返りとして
お金や物を受け取っておきたい、


くらいの感覚です。


そういう感じですね。


お金は、

相手が本当に望んでいて
本気で欲しているならば、

そして、あなたが、

その女性と付き合うとか、
せっ○スしたいとか、

その手の『見返り』を
求めないでいられるならば、

与えた方が落とせます。


次。

「『愛』や『時間』を求めているならば
 見返りなど期待せず与えるべきなのでしょうか?」


YES…





なのですが…







なんとなく、この質問の言葉からは、

僕は余裕の無さを感じてしまいます。


本当に余裕がある男性からは、
この言葉は出てこない気がします…





まあ、色々言いましたけれども、

余裕なんてのは、残念ながら、
無い人のほうが多いわけですので、

やっぱり、


自分のお金と時間と労力と、

あらゆるものを差し出して、

「勉強させていただく」


だから逆に、

つまらない女は口説かない。


っていうのが、

個人的にはお勧めです。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.