FC2ブログ

モデルの卵を落としました - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

モデルの卵を落としました



相沢です。


「昨日また、モデルの卵を落としました。

 1回目のデートですが、何の問題もなく
 いつものように、ホテルへ直行です。

 21歳ですが、ファッション誌にも出ていて、
 はっきりいって、とてつもない美女です。

 この子はこのまま芸能界デビューすると思います。

 相沢さんのおかげで、すっかり、こういう
 経験が当たり前になりました。

 本当に、感謝しています。

 しかし一方で、最近なんだか疲れました。

 出会って、口説いて、やって。

 毎回同じような流れ作業の繰り返しです。

 私は面食いですので、スタイルも外見も
 イイ女しか狙いません。

 なので充分に満足できるはずなのに、

 ふと思い返せば、今まで抱いた女の
 名前も顔も、思い出せません。

 自分はいったい何をやっているのか?

 何を目指しているのか?

 なんだか疲れました…

 愚痴です。すみません。」



というメールをもらいました。


「この人はロマンティストなんだろうなぁ…」


などと思いつつも、

今回、この内容を取り上げたのには
理由があります。



僕のメールマガジンの読者さんは
どういうわけか、

モテる男性が多いみたいで、


何十人とか、何百人とか、

やって、やって、やって、やって、
ヤリまくっているような、


とにかく、

女性との出会いから落とすまでの
全ての作業が、

1つのパターン・流れ作業に
なっていて、


そのパターンにさえ入れてしまえば、
どんな女でも落とせますよ、

っていう男性が、けっこういます。


「あれ?
 このメルマガのタイトルは、

 初デートで何を話せば良いか分からない~

 だぞ???」


と、よく思うのですが、


とにかく、女に困らないタイプの
男性がけっこういます。


そのせいか、

実は、今回取り上げた男性のような
悩みや相談を、よく受けます。


彼らはだいたい、

相談というよりは、「愚痴」という
感じで、

すっかり疲れていたり、

うんざりしていたり、


独特の悲壮感をただよわせているのですが。


さて、


女には不自由しないはずの
彼らは、

なぜこうなってしまうのでしょうか?


っていうと、


僕が思うに、

彼らは、


『恋愛』と『ゲーム』の違いが
分かっていない、


のだと思います。


で、普通に、『ゲーム』のやりすぎです。


女性を落とすためのロジックや
パターンが完成しすぎていて、

どのような女性が相手であっても、

ほぼ自動的に


・正解の演技


をしてしまうため、


逆に、そこには自分がありません。


俳優として、完璧に演技を
し続けているうちに、

本当の自分が分からなく
なっています。


本来、『恋愛』というのは、

「その人だから」

を探すことです。


「美人だから」

「スタイルが良いから」

「性格が良いから」

「笑顔が素敵だから」

「頭が良いから」

「優しから」


とかでは無いんです。


こういうのは、『条件』ですよね。


でも、恋愛っていうのは、

究極のところは、

「その人だから」

を探すことです。


つまり、
オンリーワンを探し求めることが、
恋愛の目的です。


逆に、『ゲーム』っていうのは、

上で挙げたような『条件』を
攻略することです。


男の場合、ほとんどのそれは、

「美人だから」

「可愛いから」

「スタイルが良いから」

が『条件』かもしれませんが、


そういう『条件』、つまり

女性のステータスを攻略して
獲得していく作業です。


難しい言い方をしてしまいましたが、

要するに、


「よっしゃ。こんな可愛い女を
 ゲットしたぜ!!」

ですね。


で、そのために、


自分の得意の出会いと、
落とすまでの流れを

極限までパターン化していくと、


今回の相談者さんのような
せっ○スマシーンが完成します(笑)


ところが、ここには一つの
落とし穴があって、


女性の条件やステータスを
攻略するということは、

永久に終わりがありません。


「美人だから」
「可愛いから」
「スタイルが良いから」


を手に入れ続けても、


美人な、可愛い、スタイルの良い
女性は他にいくらでもいますし、

表れ続けます。


なので、終わりがありません。


今、分かりやすいように、
外見をあげましたが、


外見に限った話ではありません。

「笑顔が素敵だから」

「頭が良いから」

「優しから」

も同じです。


笑顔が素敵な女性も、

頭が良い女性も、

優しい女性も、

いくらでもいます。


内面重視とか、外面重視とか
そういう話では無いのですよ。


そうではなくってですね、


『恋愛』がしたいのであれば、


「その人だから」


を求めないとダメだし、


「その人だから」

以外の『条件』は、全て、


・代替え可能

・代わりのきく女


なので、


そのルートの、その先に
答えを探している限り、

絶対にたどり着けないし、


最初は、イイ女と沢山ヤレることが
嬉しくて、興奮してハイになれても、

ふと気が付くと、

大きな疲労感しか残りません。

だから、

「ふと思い返せば、今まで抱いた女の
 名前も顔も、思い出せません。

 自分はいったい何をやっているのか?

 何を目指しているのか?

 なんだか疲れました…」


となります。


念のために言いますが、

僕は『ゲーム』は否定してませんよ?


好きだし。『ゲーム』


でも、やりすぎはダメですよね。


テレビゲームとかと同じで、
楽しい範囲にとどめないと。


廃人になるまでやっても、

そこには何も残りません。


女性を落とすという『ゲーム』も

プレイステーションみたいな
テレビゲームも、本質的には同じです。

とても面白いし、ハマると中毒性すら
あるのだけれども、

そこに人生とか、答えは無いのですよ。



相性とか、「その人だから」を
探求するには、


つまり、オンリーワンの女性が
欲しいのであれば、


一度、あえてルーティンを、

そしてパターンを外して、

そこに生まれる摩擦に耳を
すませてみると良いです。


パターンを外せば、素の自分が
ボロを出しやすくなるので、

相性が見えます。

その摩擦が生んでくれる
直観を大切にしてください。


ちゃんと素敵な『恋愛』も
しましょうね。

というお話でした。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.