FC2ブログ

女性に尋問してました。 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

女性に尋問してました。



女性との会話では、女性を気持ちよくするべし。

男の自慢や説教、笑い、トーク、等は基本的に
すべて男が気持ちよくなっているだけであり、
女性は表面上ニコニコして感心しながら、内心
「こいつうぜぇ……」って思っている。

前号までのお話でした。

そして、女性を気持ちよくさせる最高の方法
が聞き上手であり、ひとつの目標が愚痴を聞く
でしたね。

そして今号。

では、そもそも聞き上手とは何か?

実際のところ、恋愛マニュアルのようなもの
には、よく「聞き上手」がモテる、と書かれて
いるわけです。

ところが、この聞き上手、意外と正しいやり方
まで説明されておらず、分っているのに出来て
いない人をよく見ます。

たとえば、ですが、僕の大学時代、I男さん
という先輩がいました。

彼は、モテたくてモテたくて仕方がなく、よく
恋愛マニュアルを読んではその知識を披露し、
また、サークルの女性に試していました。

ところがこのI男さん、女性から影ではかなり
嫌われていました。

なぜか。

彼の行う聞き上手はこんな感じでした。

「○○ちゃんってさ、どこに住んでるの?」

「趣味は?」

「どんな食べ物が好き?」

「何色が好きなの?」

「昨日テレビで何みた?」

「高校でなにやってたの?」

「どんな映画がすき?」

「漫画読む?」

「今日の昼何食べた?」

「出身地はどこ?」

「今何歳?」


こんな感じが延々と続きます。

で、女性の答えに対するI男さんの受け答えが

「ふ~ん」

「そうだんだ~」

「へ~」

です。

あなたはこれを見て、どう感じましたか?

ちなみにその現場にいた僕の感想ですが、
第一に、
「その質問に意味はあるのか?」
そして
「なんの尋問だ?こりゃ??」

です。

改めて言えば当然ですが、聞き上手っていう
のはひたすら質問することでも、尋問する
ことでもありませんね。

では、どうすればいいのか?

まずは自分が話します。

今現在、どう思っていて、何を感じているのか。
自分の感情を話してください。

自分の出身地とか、年齢とか、そういうのでは
ありません。

自分の感情です。

たとえば合コン、

「オレ、こういう飲み会ってあんまりしないからさ、
 すごく緊張してるよ」

たとえばデート

「この店、なんかいい雰囲気だね。あ、おれこの
 肉好きだわ、すっげぇうまい」

とか。

自分が何歳で、どこに住んでいて、どんな仕事
をして……。

などのプロフィールって、はっきりいてってまだ
関係の薄い女性からしてみると、興味ありません。

それよりも、いま、この瞬間、あなたがどう思って
いるか、というのは、相手に何かしら安心感
を与えます。

安心感が、
「この人と、少しお話してみようかな」
という意思を生みます。

で、次に質問。

上で書いたような質問で構いません。

たとえば趣味や休日の過ごし方、好きな食べもの、
なんでもいいです。

問題は、それで「へ~」「ふ~ん」で終わるので
はなく、そこから話を「展開します」

「展開」とは、話題の連想ゲームと相手への共感です。

・話題の連想ゲーム
・女性の気持ちとの共感

もし、趣味の話から入ったとき、

女性→野球が好き

男性→自分も野球が好きなら、共感してもりあがる。

  →興味ないなら、サッカーとかゴルフとか、
   「スポーツ」というくくりで連想して別の
   提案をしてみたり。

   「自分がやる」というくくりで、学生時代の
   部活の話をしてみたり。

つまり

女性「野球見るの好きだよ」

男性
パターン1
「俺もだよ。ちなみに誰のファン?」

パターン2
「へ~、オレ野球は見ないからなぁ。じゃあサッカー
 とかはどう?」

パターン3
「へ~、自分では何かやらないの?スポーツ。
 たとえば学生の時の部活とかさ」


みたいな感じですね。

これで、相手の反応を見ながら、だんだんと
2人の距離を縮めていきます。

まとめますね。

1、自分の感情を話す
2、連想と共感で距離を縮める

です。

では次回、会話の第三段階についてお話します。

第三段階まで入れれば、かなりの確率で彼女を
落とせます。




相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.