FC2ブログ

美女と割り勘にしたら… - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

美女と割り勘にしたら…



相沢です。


「食事代を、美女と割り勘にしたら、
 態度が急変して、その後連絡が
 つかなくなりました」


という相談を受けました。


デート代は、

男が全額支払うべきか?

割り勘にするべきか?


「これが正解」ってのは無いと
思うのですが、


前にも書きましたように、

僕のスタンスは、


・とりあえず全部おごっとく


です。


そうすれば、

割り勘が許せる派の女性も、

割り勘が許せない派の女性も、

両方ともフォローできるからです。


正直、この部分で色々と考えるのは
めんどくさいです。
僕は…


が、沢山の女の子を口説こうと
すれば、必ず金銭的な問題が
発生するのも事実でしょう。


思えば、

僕がこの仕事を始めたきっかけも、

・デート代が足りないから

でした。


20代のサラリーマン時代、
毎日毎日合コンばかりしていて、

そこで知り合った女の子と
デートばかりしていたので、

月末になると、口座の残高が、

300円…

とかザラでしたし、


しょーがないんで、

会社の労働組合に
「生活費が足りません」

って言って、借金して、

そのお金を握りしめて、
合コンに行っていました。

「さすがにやばい…」

って思い、


何とかして、自力でお金を
稼がなければ、

と、始めたのが、今の仕事です。


ほんとう、恋愛ってお金が
かかりますよね…



というわけで、今日は

恋愛とお金について、
少し、詳しく踏み込んでみます。


まず、冒頭の


「食事代を、美女と割り勘にしたら、
 態度が急変して、その後連絡が
 つかなくなりました」

について。


相談者さんは、アラフォーの男性です。

で、相手の女性もアラフォーなんですが、
以前にモデルをやっていたとかで、
まあ、そういう感じの美人です。


で、この男性は、

この元モデルが怒った理由を、

美人でモデルで、今まで多くの男性から
おごられてきたのに、自分が割り勘にしたから。

だと分析しました。


おおよそ、間違いでは
無いと思うのですが、

これが、


他の男はおごってくれるのに、

あなただけ、おごらないなんて
許せない!


という理解の仕方だと
少しニュアンスが違うと
思います。


おそらく、正解は、

あなた『も』おごらない男の
一人なのね。許せない。


です。


たぶん、この手の、美しさを武器に
戦ってきた女性というのは、

自分の年齢的な衰えを
証明されたくない、

んだと思います。


許せないんじゃないでしょうかね。

20代前半とかで、

ずっとチヤホヤされて、

高級なお店で、
おごられるのが当たり前、

それが、私の美しさの証明、
私の強さの証明…

だったはずが…


あれ?

あれあれ??

30超えたくらいから
なんか、そういうのが
減ってきたぞ…


30代も後半になったら、
割り勘が当たり前みたいな
男が増えてきたじゃないか。


そんなの、許せない…


その女性が、ここまで具体的に言葉として
自覚、認識しているとは思えませんが、

あえて、言葉にして
説明してしまうならば、


「おいおい。おまえはもう、
 人より少し綺麗な程度の、
 おばさんだろ。

 なに、おごってもらえると
 思ってるんだよ」


という態度と、受け取られた
んだと思います。

もちろん、この男性に、
そんな意図もつもりも、
無かったのですが。


こういうのは、難しいですよね。

女の子のプライドの問題なんで。

30歳~40歳と、

歳をとった女性ほど、

そして、昔チヤホヤされたのが、
だんだんと、減ってきていると
自分で感じている女性にほど、


ちゃんと、男が「おごる」という行動で、

「僕は、あなたの魅力を分かっていますよ
 あなたの魅力は、今も健在ですよ」

と、証明しなければならない
気がしてます。





また、男性の年齢が高くなれば
なるほど、

おごらないと、やばいです。


まあ、その男性のキャラとか
社会性とか、女性との出会い方とか

ケース・バイ・ケースな部分は
置いといて、

35歳こえたら、

男から「割り勘」という選択肢は
消えると思ってください。


30歳でも、どうかな~
ギリギリかな~。
アウトかな~^^;

相手の女性と歳が近くて、

こちらの経済状況を理解し、
受け入れてもらっているなら、

何歳になっても、
「割り勘」アリなんですが、

歳をとれば、とるほど、

そういう状況って難しいからなぁ…




お金というものについて、

ざっくりとした話をしますと、

日本ってのは、資本主義ですよね?

で、資本主義というシステムは、


お金=力(パワー)


なんです。


共産主義とかだと、たぶん、

権力=力(パワー)

だし、


戦国時代とかだと、

武力=力(パワー)

ですよね。


そんな感じで、

僕たちが生きている社会の
システムってのは、

お金が力(パワー)だから、


力(パワー)のある、強いオス
であることの、

一番わかりやすい、

・入り口(出会いの最初、玄関の部分)


が、

経済力なんですよ。

だから、その入り口の部分で、

40歳くらいの男性が、

割り勘を提案するというのは、

いきなり、弱いオスっぽさを
伝えちゃう、

非常にリスキーな行為なんです。


じゃあ逆に、

どんな男性なら、「割り勘」が
許されるのか?

っていうと、

ま「若い男」でしょうね。


20代は、全然許されます。

夢や可能性を武器にできる
からです。

僕も、20代のころは、
すべて割り勘にしてましたが、
それで困ったことはありません。


それでもまあ、社会人とかに
なったなら、

男が少し多めに支払うという
スタイルの割り勘がベターかな。



お金と年齢の関係ってのは
とても面白くて、


若いころっていのは、

夢とか可能性の時代で、

見た目も含めて、

色々なものを

『最初から持っている』

時代なんです。


それが、歳とともに
目減りしてゆきます。

だからみなさん、
歳をとるのを嫌がりますよね。

夢も可能性も、少なくなり、
人間としての、基本性能も
衰えてゆくから。


で、重要なのはここから
なんですけれども、


男っていうのは、

あるいは、人間っていうのは、

時間とともに衰える、

それ以上に、

時間とともに獲得しなきゃ
ならないんです。


1年たったら、
年齢の影響で、
自動的に、100くらい
減ってしまいます。

だから、最低でも、その1年で
別の100を獲得しなきゃ
ならないし、

この1年で80しか獲得
できなかったら、

トータルで、あなたの魅力は
20もマイナスになってしまう。

でも、この1年で120を獲得
したならば、

トータルで、あなたの魅力は
20もプラスになる。


こうやって、

歳をとるごとに、

魅力を獲得する人間と、

魅力を減らす人間が
別れます。


だから、歳を取れば取るほどに、

実力に差がでます。


若いころは、やっぱし、
才能=生まれながらに持っているもの
のあるヤツが勝ちます。

若いころは、
努力では超えられないものの方が
多いと、僕は感じてます。


でも、歳をとると、

努力を続けてきたヤツ、
獲得してきたものが多いヤツが
勝ちます。


そんな訳で、

歳を取れば取るほど、

男は、「獲得してきたもの」
を証明しなければなりません。

もちろんそれは、
お金だけではないし、

お金は、その証明の「入り口」
でしかないのですが、

とはいえ「入り口」です。

ここをおろそかには
出来ませんよね。




以上を踏まえたうえで、

そもそも、

男が出す、デート代って
何なのか?


僕は、

・勉強代

だと思っています。


勉強ってのは、お金が
かかるんですよ。

何か資格やスキルをみがくために
スクールに通ったら、普通に
何十万、何百万とかかりますよね?

それと同じです。

そうやって、男は自分の懐を
痛めながら、

女の子にピシャリと手痛く
やられながら、

勉強し、成長するんです。


お金を払うのに、

懐は痛いし、心は痛いし、

男って大変ですよね(笑)


でも、このお金を

「1回のデートで6000円も
 払ったのに、手もつなげないのかよ」

みたいな損得で計算しはじめると、

「じゃあ、そういうお店に行ってくださいね」

って話になっちゃうんで。


ここ、オッケーですね。


デート代で、女性を買うんじゃ
ないんです。


デート代で、経験を積むチャンスを
買っているんです。





ちなみに、

「じゃあ、女の子におごらせる
 というのはどうなのさ?」

となると、これは少々
特殊で

条件1:
潜在的に、そういうのが好きな女の子を選ぶ

条件2:
ほとんどの場合、男側が、若くて
イケメンで、ある種のスター性を
持っている

が前提ですから、

そういう人が、このメルマガの
読者さんに多いとは思えませんので、

ここでは論じません。

相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.