FC2ブログ

好みのタイプ別、攻略法 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

好みのタイプ別、攻略法



相沢です。

個人的に、一番、

「チョロいな~」


って思うのは、


「頭の良い男性が好き」

っていう女性です。


僕は、この手の女性を
取りこぼしたことがありません。

めっさ簡単です。


なぜならば、彼女達にとって


・頭が良い


とは、


相対性理論の公式を理解できるとか、

ランダムに並べられた300の数字を
1分で暗記できるだとか、

そういう事では無くて、


単純に、


・私の頭の良さを理解できる


という意味だからです。


もっと具体的にいうと、


「私って、ひとよりも頭が良い方なの。
 そうして、世の中にはバカが多いのよ。

 でも、あなたは、私の言う言葉が
 理解できる。

 だから、あなたは、頭が良い」

と。

かなり極端に言ってますよ。

ここまで振り切れちゃってる人は
実際には少ないですけど、

ようは、こういう『資質』や『要素』
を持っている、

という意味です。


また、実は、こういう『資質』や『要素』は、
男性の方にこそ、持っている人が
圧倒的に多いのですが、

女性でも、2割くらいは、います。

だから、

「へー。すごいね!
 頭が良いんだね!!」

って言えば、攻略完了です。


何が言いたいのかっていうとですね、


「頭の良い男性が好き」

イコール

頭の良い男性が好きなのではなくて、

私の言葉を理解して、共感して
くれる、そして、私のことを
「頭が良い」って言ってくれる男性が好き


という、


女性が言う、

「○○な人が好き」

には、こういう、
言葉の表面と、実態との間には
差がありますので、

今日は、その差について、

わりとよく聞く、

「○○な人が好き」

をいくつか挙げて、

考えてみます。



まず最初にあげるのは、
差が少ないもの。


これは、


「頼れる男性が好き」

「引っ張ってくれる人が好き」

でしょう。


こういうのは、ほぼ文字通りです。


私の代わりに、責任をかぶって
力強く、決定してくれる。

大丈夫っていってくれる。

ポイントポイントで、
ちゃんと決断してくれる。

そういう男性です。


こういう女性を相手にすると、

チャラいイケメンよりも、

ガタイの良い、兄貴っぽい
外見のほうが、スタートは有利です。


外見よりも、雰囲気
重視の傾向にあります。

文学青年っぽいと、スタートは不利。

一方で、外見と性格のギャップが
働きやすいのも、この要素であり、


兄貴っぽいから、男として興味を
持って近づいたら、実際は女々しい
性格だったので、

その負のギャップでもって、
急速に幻滅されるとか、

ヒョロイ、文学青年っぽい外見だから
気にもしてなかったのに、

ある時、頼りがいのある性格で
あることが分かり、

そのギャップに、急速に惹かれるとか、


両方とも、よくある話です。


次は、関係性で差が出てくるもの。

「マメな男が好き」


これを言う女性の大半は、

男として興味のある男性から
マメにされたいのであって、

その他からマメにされると、

「めんどくせー」

って思うパターン。


あと、好きな男から、もっと
「マメにして欲しい」
って言っている自分が好きで、

実際は、けっこう冷たく
あしらわれている、

恋愛に対して一生懸命な私、
好きな男に対して、
一方的に一生懸命な私が好き、

っていう、困ったちゃんもいます。


似たパターンで、

「優しい人が好き」

というのも、あります。


これも、

「好きな人に優しくして欲しい私」が好き

っていう、困ったちゃんが
言いそうなセリフです。


が、それとはマ逆に、

本当に優しい男が好きな
場合もあって、


この場合の、「優しい」とは

・何でもわがままを聞いてくれる

です。


こういう子は、
意識した男性に向かって、
タイミングを見て、

「私、わがままだよ」

って、事前に伝えることが
多い気がしてます。


あと、よく聞くのが、

「大人の男性が好き」


この言葉にも、いくつか
パターンがあるかな。


まず、若い子が、ちょっと
高級っぽい男に憧れている
パターン。

大学生とかで、
同世代の女の子たちが、

電車で移動して、

居酒屋でデートして、

ラブホテルでセっ○スして、


っていうのを、尻目に、


車で迎えにきてもらって、

高級なフレンチ食べて、

ラグジュアリーなホテルに
とまって、

っていう、そういうノリに
憧れているパターン。


周囲の友人よりも、
優越を感じたい女性です。


あと、

「大人の男が好き」

の中には、

「余裕のある男が好き」

っていう線もあって、


要するにこれは、

「私をコントロールしようと
 してこない男」

を示すことが多いように思えます。


「歳上の男の方が余裕があるから」

みたいな幻想を抱いていますが、

実際は、

同年代の彼氏と付き合って
みたら、

メールとか、電話とかで
めっさ束縛されて、

自分の言動にも、

いちいち口を出されて、

うんざりする事が多いので、

「歳上なら、もっと余裕がある
 のかな~」

なんて漠然と思っているパターン。


でも実際は、男なんていうのは、

コントロール欲求の塊なんで、

最初は大人ぶって、余裕ぶっている
歳上男性でも、

時間とともに、

「自分の思い通り」

にコントロールしようと
してくるため、

いつも、ウンザリしています。

この感覚の持ち主には、
美女が多い気がします。


彼女が美しいと、

他の男性に取られはしないか?


というストレスを抱えてしまう、
器の小さな男が多いのでしょう。



男って、ダメですね…


次は、

「普通の人が好き」


普通ってなんやねんっ!

と、ついつい、僕のエセ関西弁が
出てしまうくらい
分かりにくいのですが、


本当は、「イケメンが好き」とか
「金持ちが好き」なんだけど、

それを正直に言ってしまうと、

嫌われることが分かっているから、
あえて言わない、

というパターン。

それから、

自然体の人が好き、

自然な距離感で、自然と仲良くなり、
自然と、付き合うみたいなのが好き、

というパターン。


前者の場合、

好みのイケメンとか、

好みの金持ちが実際に
そばにいたら、

ちゃんと自分からアピール
するので、見ていれば分かります。


自然派は、人見知りで、
他人に対して心を開くのが
苦手で、

打ち解けるまでに、時間を
必要とするタイプに多いです。


「一緒にいて安心できる人が好き」

も、この分類でしょう。


心の距離感と、体の距離感に
変なギャップが生まれないような

ある意味、もっとも正統派な
コミュニケーション能力が
求められます。



思いつくまま、ざっくりと
書いてみました。

僕の個人的な体験の範囲での、
統計みたいなものです。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.