FC2ブログ

足りないモノばかり数えてしまう… - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

足りないモノばかり数えてしまう…



相沢です。


コミュニケーション能力が低い
男性がいだきやすい、願望があります。


それが、

「性格的な相性とかどうでもいいから、
 顔とスタイルが、超好みの女を
 自分の力で落として、抱いてみたい」

です。



お前の性格に、興味なんか無い!

いいから、黙ってオレに惚れて、
黙ってマタだけ開けや、コラっ!



(笑)



もちろん、こういう極めて
低俗な願望を、多くの男は
持っているものですし、

僕も、これはこれで、分かる所が
ありますので、

まあ、動物としての男って、
そういうモノだよね…

くらいにしか思っていなかったのですが、


最近、1つだけ、とても興味深い
ことに気が付きました。


コミュニケーション能力が
低い人間ほど、

そして、コンプレックスにまみれ、
自分に自信が持てない人間ほど、


「性格的な相性とかどうでもいいから、
 顔とスタイルが、超好みの女を
 自分の力で落として、抱いてみたい」


という願望が、


・マジ(本気・真剣)


なんです。


マジで、

この願望を、信じています。



ところが、ここには、

致命的な矛盾があります。



そもそも、

コミュニケーション能力が高いとは、


・他人に対する興味・関心が高い、


という事と、イコールであり、


他人に対する興味・関心が高い
ということは、


・他人に対する愛情が深い


という事です。



そうして、他人というのは、
自分の内面を映し出す鏡ですから、


他人に対する愛情が深い
ということは、

そのまま、


自分に対する愛情、つまり、

自己肯定感とか、

根源的な自信が、強い、

という事です。




人は、自分を愛するのと同じ
深さでしか、他人を愛せませんし、


自分を信じられるのと、同じ
深さでしか、他人を信じられません。


自分の事を信じられない人間というのは、
他人のことも、信じられません。
(崇拝と依存はできるのだが…)



やっぱりね、

他人を平気でだましたり、
傷つけたり出来る人間って、

自分の事が、嫌いなんですよ。
根っこの部分では。



自分を肯定したぶんしか、
他人も肯定できません。


自分の事が嫌いなぶんだけ、
他人と、世の中を嫌います。


自分と他人(世の中)とは、
コインの裏表であり、
根源的には、同じものです。


・・・


さて、最初に戻ります。


「性格的な相性とかどうでもいいから、
 顔とスタイルが、超好みの女を
 自分の力で落として、抱いてみたい」


これってつまり、

女性の人格を完全に無視して、


「おまえ、性欲処理の道具になれよ」


って言ってますよね。


重要なのはそこで、


女性の人格を無視・否定して
いる時点で、


実は、


自分の人格も無視・否定して
いるんです。



ここ、難しいな…


勘違いして欲しくないのですが、


僕はこれ、けっして道徳的な
意味では、言ってません。


もっと冷たい、淡々とした
事実を話しています。



男にも、女にも、

好みとか性格がありますよね。


例えばの話、

実際の恋愛は、こんなに
極端でも、分かりやすくも無い
のですが、

まあ、説明の便宜上、ですよ、


例えば、


女の子の恋愛観として、

「本当に私の事が好きならば、
 1日100回はメールして欲しい。
 そういう行為に、私は愛を感じるし
 そういう人でないと、好きになれない」

とするじゃないですか。


でも、男の恋愛観に、
それは無いとします。

「本当に好きなら、メールなんて
 関係無い。
 それよりも、1週間に1回でも
 ちゃんと顔を合わせることが大切」

とします。

そして、この男性は、
メールという行為自体が非常に
メンドウくさいと感じます。


さて、この時にですね、

どうすれば、この女性を
落とせるのか?

っていうと、


理屈を言えば、もちろん、


男が頑張って、毎日、1日100回の
メールをし続ける、


という事なわけですが、



価値観が違い、また、
メールが超苦手な、

この男にとって、


いつまで続ければよいのか
分からない、

その、1日100通のメールを
毎日送り続けるという行為は、

『苦行』以外の何物でもないわけです。


だから、

『理論上』は、男が自分の価値観とか、
人格とか、生活とかを一切、無視して、

1日100通のメールを送り
続けることが出来れば、

おそらく、この女性を落とせる
のですが、


『現実的』には、


・自分に対する愛情と自信が深い男性ほど、


「じゃあ、いいや…」

ってなります。

「綺麗で性格の良い女は
 他にもいるしね」

「他を探すか」

って。


自分を愛し、大切にしているから、

>『理論上』は、男が自分の価値観とか、
>人格とか、生活とかを一切、無視して、


をやりません。


ゲーム的に、ちょっとやってみる、
という男はいますが、長くは続けません。


最後は必ず、自分の価値観、人格、生活を
当然のごとく、優先します。


そして、


自分に対して、愛情と自信があるから、

他に、自分と近い恋愛観を持つ、
女性がいて、

自分に愛情を向けてくれるであろう
その未来を、信じられるんです。


そりゃあ、

「ま、いっか」

「イイ女なんて、いくらでもいるしな」


ってなりますよね。



一方で、コミュニケーション能力が
低い男性ほど、


>『理論上』は、男が自分の価値観とか、
>人格とか、生活とかを一切、無視して、


が、出来ると思いこんでしまう。

自分に足りないのは、技術であり、
技術さえ身につけ、それを駆使できれば、

そこに、自分の価値観など考慮する
意味はない。

と、

思いこんでいる…


ところがですね、実際に、
そんなふうにして、

自分の価値観や性格を、完全に
無視して、

技術だけを行使するなどというのは、


マンガの世界の話とか、

サイコパスとしての、
特殊な精神構造を持つ人間か、

あるいは、国家の諜報機関とかで
働く、ガチで崇高な使命をいだき、
特殊訓練を受けて育ったとか、


そういう世界の話ですから、


ホストみたいな職業の人が、
金のために、一時的に
演じるような事はあっても、

それって要するに、自分の『心』を売って
金に変えていますから、『体』を売るよりも
シンドイわけで、


長期的に見て、
普通は無理なんですよ。


いいですか?


『理論上』はそれが可能であっても、

『現実問題』として、

本当に、自分の価値観を無視して、
切り捨てて、

技術だけを行使できる人間など、

ほとんど、存在しません。



しかし、


自分に対する愛情が低いから、

>『理論上』は、男が自分の価値観とか、
>人格とか、生活とかを一切、無視して、


を、やろうとしてしまうし、

つまり、『心』を売ろうとしてしまう
のですが、

残念ながら、自分に対して愛情の浅い
男性の『心』などは、売ったところで
たかがしれていますから、

いっこうに、女性の体すら
手に入らないまま、

神経とエネルギーを
消耗しまくってしまうし、


さらに、


自分を信じ、愛していないから、

この先、自分のことを信じて、
愛してくれる女性が、普通に、
いくらでも表れるであろう、未来が
信じられません。


だから、とにかく、焦る。

価値観のズレを無視して、

「こいつしか、いない」

「このチャンスしか、ない」

と思いこみます。



・・・


自分を愛していないから、
他人を愛していない。


他人を愛していないから、
他人に対する興味・関心が薄い。


他人に対する興味・関心が薄いから、

女性の話に、興味・関心が持てない。


話を聞いても、内心は、

「ふ~ん。それで…?
 だから…?」

と、思ってしまう。


でも、それじゃあ、女性を口説けない
と知ってはいるから、

興味・関心がある『ふり』をしようと、
笑顔や相槌のやり方を勉強する。


興味は無いのだけれども、
興味があると見せかけるための
質問の仕方を勉強する。


自分に足りないのは、

共感しているように見せる技術、

自信があるように見せる技術、

話を聞いているように見せる技術、

理解者だと思わせる技術、


だと思ってしまう。



でも、女性の直感っていうのは、
男の100倍鋭いですから、

あなたが、超一流のアクターとか
詐欺師でもないかぎり、

3分も話せば、見抜かれてしまう。


見抜かれたあなたは、


「自分には、まだまだ、女性を
 ダマしきるための技術が足りない」

そう思って、また、おかしな
勉強を続ける。


女性と自分の『心』を置き去りにしたまま…


・・・


どうしたら、もっと深く、
自分を愛し、信じられるのか?

強く、自分を肯定できるのか?





一筋縄ではいかない、
テーマだと思います。


が、1つだけ、ワークをやって
みましょうか。



自分に自信が持てないという
人間ほど、


・足りないものばかり数えてしまう


という傾向があります。



これは、かなり主観的なもので、

僕からすると、

「え? あなた相当、持っていますよね??」

っていう男性が、


自分の持っている、自分が手に入れて
きた、あれも、これもを無視して、


「あれも無い」
「これも無い」

と、数え始めます。


ですから、今回は、


「あなたが持っているもの」

を、数えてください。


数えるときのルールとしては、


ルール1:
他人と比較はしない


ルール2:
自分が心から感謝できるものを選ぶ


です。


ナンバー1ではなく、

オンリー1を数えてください。



↓のURLをクリックすると、
http://rye-ex.jp/Ly2684/12191


専用のフォームが開きます。


上から順番に、書き込んで、
僕に提出してください。


直接にお返事はできませんが、
2週間くらいの間に、みなさんの
答えを分析し、

役に立つ情報として、再度、
お届けします。


なお、こちらのフォーム自体は、
20154月27日(月)でいったん閉めます。


自分を肯定するための、

第一歩です。

http://rye-ex.jp/Ly2684/22191


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.