FC2ブログ

どうでもイイ女からは好かれるが… - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

どうでもイイ女からは好かれるが…



相沢です。


恋愛にありがちな悩みですが、


「どうでもイイ女性からは好かれるが、
 好きになった女性からは相手にされない」


というのがあります。


今日は、その原因と対策
についてお話します。


こういうのは、具体例を出して、
説明するのが一番分かりやすいでしょう。


テーマが、

「どうでもイイ女性からは好かれるが、
 好きになった女性からは相手にされない」


ですから、

ここには、


パターン1:
どうでもイイと思っている女性


パターン2:
好きな女性



があります。


で、例えば、会社でも
合コンでも何でもいいんですけど、



あなたは、真奈美という
女性と出会い、みんなで、
一緒に飲んだとします。


真奈美が、どこにでもいる、
ごくごく普通の女の子、

まあ、そこそこ、可愛いかな?
ん~。普通?

くらいの感じだとして。


あなたは、真奈美と少し
お話をしました。

そしたら、思いのほか、
盛り上がりました。


真奈美の方から
「あははは。おもしろ~い。
 今度飲みに行こうよ~!」

って感じの反応です。


あなたも、なんだか楽しくて
「そーだねー。
 楽しそうだねー。」

と、こんな感じで
飲み会は終わります。


翌日、飲み会の楽しい雰囲気を
思い出して、

「真奈美って、なんとなく
 気が合って面白かったな

 そういえば、あの時、向こうから
 『飲みに行こうよ』って言ってたし、
 とりあえず、誘ってみようかな…」

と、あなたは「気まぐれ」と
「なんとなく、ノリ」で、

真奈美にメールを打ちます。

「昨日は楽しかったよ。
 今度、飲もうよ^^」

と。

ところが、その日、真奈美から
メールの返信はありませんでした。

「返事おせーなぁ…」


翌日、やはり返信はありません。


「あれ、昨日、向こうから
 『飲もうよ』的なこと言ってたのに。

 返信ねーや。

 変なやつ。ま、いっか…」


そして翌々日の夜、

「行きたい~。
 でもいま、仕事がバタバタしてて
 忙しいの」

という返信が来ます。


「ああ。忙しいんだ。

 たいへんだなぁ…」

って思いながら


「大変そうだね^^
 じゃあ、また今度ね~」

と、その日のうちに返信して、
そのまま、真奈美の事は
忘れていました。


すると、1カ月後、

真奈美からメールがあります。

「元気~!^^

 ご飯行こうって話、
 まだ生きてる~?」


あなたは、普通にその場で
返信します。

「久しぶり~!
 生きてるぞ。

 今週末なら、土・日の
 両方オッケー」

・・・

ってな感じで、予定を合わせて、
2人で飲みに行きます。

久しぶりに会っても、やっぱり
盛り上がる2人。

「なんか、この人とは気があうな…」

と感じる真奈美。

こうして、真奈美はあなたに
対する好意を膨らませてゆく…


・・・

よくある、話。


これが、


パターン1:

どうでもイイと思っている女性
からは好かれる


です。


では、真奈美が

パターン2:
好きな女性


であった場合は、どうなるのか。


同じ物語を、最初から
見てみましょう。



真奈美は、誰もが振り返るほどの
美人です。

スタイルもよく、

笑顔が可愛い。

「こんな女と付き合ってたら、
 みんなに自慢しちゃうのにな」

っていう外見の女性です。



あなたは、真奈美と少し
お話をしました。

そしたら、思いのほか、
盛り上がりました。



真奈美の方から
「あははは。おもしろ~い。
 こんど飲みに行こうよ~!」

って感じの反応です。



あなたは、最高の気分です!

「やべぇ…
 嘘だろ…

 まじかよ…

 こんな綺麗な子と、盛り上がってるよ。
 しかも、向こうから
 『こんど飲みに行こうよ』って」


あなたは、あまりの嬉しさに、
気が動転して、

また、その動揺を何とか
隠しながら、

「そーだねー。
 楽しそうだねー。」

と、こんな感じで
飲み会は終わります。


翌日、飲み会の興奮を
思い出しながら、

あなたは色々と後悔します。


「ああ、どうしてあの時、

 『そーだねー。
  楽しそうだねー」

 で終わらしたんだ。

 オレのバカ!!

 向こうから『飲みに行こう』
 って言ってきたんだから、

 あそこは、あの場ですぐに
 予定を押さえなきゃダメだろ。

 ああ。あれ、どう思われたかな…

 『私が誘ったのに、そっけない
  対応なんだ。
  な~んだ。脈なしか…』
  
  って思われなかったかな。

 もったいない事したな~

 そうだ!

 今からでも遅くは無い!

 メールで誘おう!!

 今回、このチャンスだけは
 絶対に逃したくないっ!!

 ・・・

 でも…何て言ってメール
 すればいいんだろう…

 出だしは何?

 昨日は誘ってくれてありがとう。
 あの話だけどさ、真奈美ちゃんは
 何か好きな食べ物ある?

 とか、そういう感じだろうか…

 でも、だらだらと前置きしたら
 言い訳がましいかな…

 いやいや。待てよ。

 そもそも、相手の名前をメールで
 呼ぶ時は、真奈美ちゃんでいいのかな?

 ここは、男らしく、呼び捨てで
 真奈美だろうか。

 それとも、一歩引いて、名字で
 村上さんだろうか。

 あれ、っていうか、そもそも
 飲み会翌日の即メールって、
 どうなのよ?

 ここは、あえて、余裕を見せ、
 お前に興味無いぜってことを
 アピールするために、あと1日
 置くべきだろうか…」


と、悩みに悩んだ末、

真奈美にメールを打ちます。

「昨日は楽しかったよ。
 今度、飲もうよ^^」

と。

ところが、その日、真奈美から
メールの返信はありませんでした。


「うわぁ…
 やべぇ…
 
 失敗した!!

 そりゃあ、そうだよな。

 2行は、いくらなんでも、
 そっけなさすぎか。

 だいたい、飲もうよって
 なんだよ。
 オレのバカ!!

 そんなんじゃ、全然
 楽しそうな誘いじゃない
 じゃないか。

 いやいや。待て待て。

 まだ、メールで誘って、
 1日も経っていない。

 もしかしたら、たまたま
 忙しいだけかもしれない。

 ああ。

 どっちだ。

 オレの誘いは、アリなのか?
 無しなのか?

 これは、イケるのか。
 それとも、フラれたのか!?」


真奈美からの返信を待ち、
もだえ苦しむあなた。



翌日、やはり返信はありません。


「ちくしょー!
 
 やっぱりダメだったのか?

 何がいけなかったんだ??

 そもそも、飲み会の時の
 真奈美から言った
 『こんど飲もうよ』

 は、何だったんだ!

 あいつは、誰にでもそういう事を
 言う女ということなのか?

 それとも、あの時のオレの対応が
 間違っていたのか?

 いや。

 メールか!

 メールなのか!!

 やっぱりせめて、あと1日待つ
 べきだったか。

 がっついていると思われたか。

 このまま返信が来ないくらいなら、
 こちらから、あと1通、メールして、
 何とか、挽回できないだろうか。

 どうやって?

 どんな内容のメールを打てば
 いいんだろうか??


(このタイミングで、
 「メール届いている?」みたいな
 うっとおしい、
 追撃メールを送ってゲームオーバー
 になる男は、すごく多い)


そして翌々日の夜、

「行きたい~。
 でもいま、仕事がバタバタしてて
 忙しいの」

という返信が来ます。


「来た~っっっ!!!

 でも、忙しいって何よ?

 そんな、たった2行のメール、
 数秒で返せるだろ。

 ってことは、やっぱりオレ、
 嫌われているのか?

 忙しいっていうのは、
 断るための言い訳なのか?

 いやいや。

 でも、わざわざ返信までに
 2日間も空けたってことは、

 向こうもオレを意識して、
 駆け引きしているんじゃないか?

 だとしたら、これは脈ありなのか?

 っていうか、何て返せばいいんだ?

 オレはもう、真奈美と2人で
 食事がしたくて、したくて、
 たまらないぞ。

 このままフェードアウトってことは
 まさか、無いよな??

 そんな事になるくらいなら、
 ダメもとで、誘ってみるか??

 ああ。

 何が正解なんだ!?

 どうすれば良いんだっっ!??」


と、このようにして、

この後、

余計なメールを打って、
重たい、うざい、という印象を与えて、
ほとんどの男は、自滅していきます…



ちなみに、この時の真奈美の
本心はどうかっていうと、

たいてい、

・何も考えていない

です(笑)


ただ、飲み会のとき、
楽しかったからノリで

『こんど飲もうよ

って言っただけ。


男からのメールに対する
返信が、2日後だったのも、

「後で返事しよう」

って思ってて、気がついたら、
2日経っていただけ。


本当に仕事が忙しかっただけ…


まあ、そんなもんです。


ただ、ここで、あなたに
注目して欲しいのは、


前半のエピソードでも、

後半のエピソードでも、

女の子の心理は、

まったく変わってはいない。

という部分です。


どちらの場合も、

どちらの真奈美も、

つまり、

普通の真奈美も、
可愛い真奈美も、


・何も考えていない


ただ、飲み会のとき、
楽しかったからノリで

『こんど飲もうよ

って言っただけ。


男からのメールに対する
返信が、2日後だったのも、

「後で返事しよう」

って思ってて、気がついたら、
2日経っていただけ。

本当に仕事が忙しかっただけ…



違うのは、

女の子ではなく、


・男の方


なんです。


男っていう生き物は、

目の前の女の子が、


普通の子で、たまたま
話が盛り上がった場合と、


美人の子で、たまたま
話が盛り上がった場合とでは、


これほどまでに、

情けなく、変わってしまう
生き物なんです。


で、この状況を指して、

「どうでもイイ女性からは好かれるが、
 好きになった女性からは相手にされない」


と、男はなげきます。





そりゃ、そうだろ(笑)


後半、パターン2の、

心が揺れに揺れ、

ブレにブレまくっている、

こんな情けない男を、
好きになる女が、いるわけが『無い』


これ、分かります?


女の子の外見レベルが
高いから落とせないのではなくて、

純粋に、

男が情けないから、
落とせないんですよ。


僕はよく、

「女を外見で判断するな」

的な表現をするんです
けれども、

で、

「女を外見で判断する男は
 レベルが低い」

とも、言うんですけれども、


けっしてね、


道徳的な意味とか、倫理的な意味とか、

カッコつけとか、

そういうので、言っている
のでは『無く』て、


もっと、ずっと、
ドライな意味でね、


やっぱ、普通に無理だと
思うんですよ。


女の子を目の前にして、


女の子からもらった
メールに対して、


----------------------

「ああ。返信も遅かったし、
 ほんとに忙しいんだ。

 たいへんだなぁ…」

---------------------


っていう反応で
淡々と、常識的な対応を
する男性と、


----------------------


「来た~っっっ!!!

 でも、忙しいって何よ?

 そんな、たった2行のメール、
 数秒で返せるだろ。

 ってことは、やっぱりオレ、
 嫌われているのか?

 忙しいっていうのは、
 断るための言い訳なのか?

 いやいや。

 でも、わざわざ返信までに
 2日間も空けたってことは、

 向こうもオレを意識して、
 駆け引きしているんじゃないか?

 だとしたら、これは脈ありなのか?

 っていうか、何て返せばいいんだ?

(以下略)

---------------------

っていう感じで、

いちいち、過剰反応して、
重たさがにじみ出る男性。



どっちがモテるのか?


考えるまでも無いですよね?


・・・


「どうでもイイ女性からは好かれるが、
 好きになった女性からは相手にされない」


こういう事を言う男性って、
僕は、みっともないと思います。


なぜか、これを、


「オレは、本当はモテるんだけどさ、
 なんか、好きになると、ダメなんだよな~」

的な、

「オレは本当はモテるんだぜ」

みたいな、変なニュアンスを
感じます。


しょぼいオッサンが、

「昔はオレも、悪だったんだぜ。ふっ…」

みたいな(笑)


本来はね、そういう種類の、

とても、みっともない言葉
だと思うんですよ。

だから、仮に、

それが事実であって、
心に思っていても、

あまり人には言いたくない、

ちょっと恥ずかしい事、

だと思うのですが。。。




まあ、いいや。


ともかく、以上をふまえたうえで、


「どうでもイイ女性からは好かれるが、
 好きになった女性からは相手にされない」


と感じたことのある男性は
どうすれば良いのか?


もし、あなたが、その女性を
目の前にして、

舞い上がっているのであれば、


その時は、


・普通の知人男性、もしくは友人男性
 と同じように接する。


が、ベストでしょう。


知人、なのか、友人なのかは、

その女性との関係性によります。


その女性と、「知人」くらいの
仲良さならば、「知人男性」を
想定すれば良い。

「友人」くらいなら、
「友人男性」と同じような距離を
とれば良い。


友人の男性に対して、

いちいち、

「わざと1日空けようかな…」

とか、

「なんて呼び方しようかな…」

とか、

「あれこれ理由を長く書いたら、
 重たいかな…」

とか、


考えませんよね?


パターン1 のように、

淡々と、大人の常識にしたがって、
対応すると思うんです。


「あ、オレ、舞い上がってるな!」

とか、

「この恋だけは、絶対に逃したくない!」

とか、

そんな感情が湧きあがって
きたならば、


それは、

・危険信号

です。


相沢蓮也


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.