FC2ブログ

小悪魔系女子の攻略法 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

小悪魔系女子の攻略法



相沢です。


今日は、

・小悪魔系女子の攻略法

について、お話します。


これを理解するにあたって、

2点、押さえておいてください。



1点目:

どんな男が、小悪魔系女子に
踊らされやすいのか?


これは、

綺麗だったり、可愛かったり
スタイルが良かったりする女性の、

ちょっとした言葉や行動を、

「あれ? こいつ、もしかして
 オレに気があるんじゃね??」

と、受け取りたがるひと。

です。

女性に対して、
自分の「願望フィルター」が
かかりやすいひと。


見たいものだけを見て、

聞きたいものだけを聞き、

信じたいものだけを信じる、


そういう気質。


振り返ってみて、自分にその性質が
あるかな?
って思ったら、注意が必要です。


恋愛経験の浅い男に、多いです。


まあ、学生時代の僕なんですけども…(^_^;)



2点目:

その女性は、小悪魔気質ではないか?


小悪魔気質の女性というのが、
います。


これは、どういう女性かっていうと、

相手に対する好意が、4割~6割くらい
であっても、そういう男性に対して、

・ちょっと気のあるそぶりを見せる

ことが出来る女性

です。


ただ、この点は言わせてもらうと、
女性っていうのは、もともと、

男性よりも、そういうのが『出来る』
生き物なんですよ。


これは、生物としての在り方とか、
コミュニケーション能力の問題でしょう。


そういえば、一昔まえに、

川口春奈さんの、

「しないの? … キス…」

っていうCMやってたの、
覚えていますか?

これ↓
https://www.youtube.com/watch?v=xaOssGqq4LY


このCMを一緒に見ていた子に、

「うわ~。実際にこれやる子がいたらさ、
 すっごい自信家じゃね?

 自分が可愛いくて、これをやれば、
 相手がドキドキすること、知ってて
 やってるよね(笑)」

って言ったんですよ。

したら、


「そうかもね^^
 でも、女の子はこういうの、やれるよ。

 男の子ってさ、完全に、100%
 成功するっていう確信がないと、
 やれないじゃない

 女の子は、できるよ。

 『はぁ?』って言われても、

 『冗談だってば~^^』って自然と
 流せるし」


だそうです。


そうなんですよね。

大半の男って、
『こいつ、オレに気があるな』
『だから、こうすれば効果あるな』
っていう確信が、99,9%あっても、
やれない奴が多いです。

100%じゃないから。


一方で、女性という生き物は、

凄い子になると、

『このひと、私に気があるかな?』

ってのを、相手から

40%も感じれば、こういうことを
やれてしまいます。

はずしても、

『冗談だってば~^^』

でかわせるだけのコミュニケーション
能力もあるから。


この、男女の違いをおさえたうえで、

小悪魔気質の子っていうのは、

これを、遊びでやってしまう子
のことを指します。


良識ある子は、
遊びではやらないんですよ。


ある程度、自分が
『男として興味がある』
という相手を選んで、やります。

その男の気を引くために。


もちろん、そうやって気を引いた
男と、ちゃんと会話をするうちに、

「あ、やっぱ無しだわ」

って思って、そのままフェードアウト
することもあるのですが、

その場合、つまり、興味を無くして
しまった場合は、もう、しません。

興味を失った男に対しては、
もう、思わせぶりな気の引き方は、しない。


これは、小悪魔とはいえないでしょう。

男が、

「思わせぶりなことしやがってっ!!」

って言ったって、

「いやいや。そのあと、幻滅させたのも
 あなたですよ。

 少なくとも、思わせぶりな事をした当初は、
 あなたに気があったのは事実です」

です。


で、本当の小悪魔には、こういう
ルールがありません。


その力をふるう、相手を
選ばないんです。


気になる相手の気を引くために、
思わせぶりな言動に出る、

とか、そういうのではなくて、


ただ、

・自分が可愛いこと


をよく知っていて


・その言動に、男がクラクラしてしまう

ことも、よく知っている。


で、そういう『力』を
ふるいたいだけ。

自分の『力』を振りかざしたい。
確認したい。

自分が『力』をふるうことの
気持ちよさに酔っている。


未成熟な人間ほど、自分の『力』を
むやみに振ってみたくなるものです。


お金という『力』を持ったら、
高級車を買って、みせびらかすとか。

先輩という『力』を持ったら、
後輩をいびってみるとか。

ケンカが強ければ、
それをふるって、相手をやっつけてみたり。

ナン パという『力』を持ったら、
すれ違う美人をホテルに連れ込んでみたり。


とにかく、『力』を持つと、
ふるいたくなる。


心が成熟してくると、それを決められた、
あるいは、自分で決めたルールの範囲で、
節度を守ってふるうものなんですけれども、

未成熟だと、気まぐれに、わがままに
自分の『力』を確認したくなって、
思いついたように、振います。

そして、その『力』に打ちのめされた
相手を見て、気持ち良くなる。


・・・


ちょっと、悪意ある書き方をして
しまいましたが(^_^;)

今回は、小悪魔女子の攻略法なんで、
まずは幻想を捨ててもらおうと思いました。


さてさて、やっと本題です。


ここまで読んでくれたあなた。


あなたが、男性なのか女性なのかは
分かりませんが、

おそらくみなさん、

「ふ~ん。そんなものか…

 まあ、自分には関係ないかな」


って思ってるでしょ?(笑)


そうなんです。


こんな、絵に描いたような、
漫画にでも出てきそうな、

分かりやすい小悪魔なんて、
実際には、ほとんど、いません。
(キャバとかは別ですよ。
 あれは仕事なんで)

日常だと、高校生~大学生くらいの
思春期の女性に、いるかなぁ…

ってくらいで、普段はいない。

女の子も普通は、みなさん、
良識人です。

ちゃんとした、成熟した、大人です。

そうです。

普通は…

『普段は』いないんです。


じゃあ、普通でない、普段でないとき。

どんな時に、本当の小悪魔が
顔を出すのか?
















どんな時だと思います?

ちょっと考えてみてください。













正解は、


・お酒の席


です。


怖いですよ。お酒って…

普段は理性的、良識的な大人を、
動物に変えます。

そして、一部の女性は動物に
戻って、思う存分、『女の魅力』
という名の『力』をふるいます。

相手は誰でもよい。

ただ、自分の魅力をふるって、
その『力』に酔ってみたいだけ。


男は、特に、可愛い子からこれを
やられてしまうと、

「あ、もしかして。こいつ、オレに
 気があるのでは?

 普段は恥ずかしくて言えないのが、
 酒に酔った勢いで、本音が出たのでは?」

と解釈しやすい。

そして、男は踊ります・・・


このパターン、多いです。

ほんと、多いなぁ…


--------------------------------
酔っぱらって、たまたま隣にいた、
ちょっとだけイケメンの先輩に絡んでみた。

腕を組んだり、肩によりかかったり、
太もものあたりを触ってみたり。

そういうボディタッチをしたら、
気があると勘違いされて、

その後、しつこくされて困った。
------------------------------------

とは、ある女の子の談。


こういう子、たしかに、います。

で、ここまでやらなくても、

いわゆる

・酔うと色っぽくなる

と、周囲に言わせる子には、
その気質があります。


酔った勢いで、気のない男友達に、
思わせぶりなメールをしたり、
思わせぶりな電話、発言をしたり
する子もいます。



ともあれ、小悪魔系の女の子を
落としたいのであれば、

・お酒の席の思わせぶりな言動は無視

してください。


逆に言うと、『小悪魔状態』っていうのは、
『動物状態』ですので、そのことさえ
理解してしまえば、

攻略は、けっこう簡単です。


冷静に観察し、的確に突き放せば、良い。


『動物』と『理性』が戦えば、
いつだって勝つのは『理性』です。


もっとシンプルな言い方をすると、

彼女たちがふるった、魅力にたいして、

『ゲヘヘヘヘ…』
って、鼻の下を伸ばさなければ、
それで勝てます。


それと、
シラフのその子を、冷静に観察して、
そちらの距離感が正しいと知ることです。


シラフだとただの知人。
普段はそれほど仲良くもない。



酔ったら急にベタベタ


「あれ、もしかして、こんなに可愛い子から
 秘めたる好意を抱かれていたのでは…」


は、単なる、あなたの願望です。



シラフで好意を感じてる



酔ったらベタベタ


を目指してください。


相沢蓮也


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.