FC2ブログ

これが100点の会話です - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

これが100点の会話です



相沢です。

今日は『思い切って』、あなたの

・恋愛コミュニケーション能力

に、点数を付けてみます。


『思い切って』というのは、
つねづね言っているんですが、
僕は別に、

恋愛マスター

とか、そういうガラじゃないんで。。。


本来は、コミュニケーションという
ものに関して、

「これが正解です」

とかって言いたくないんですよ。


だから、
僕は、こういう考え方で女性と
コミュニケーションしていますよ。

その考え方に照らし合わせると、
あなたは何点ですよ。


という、ノリです。


ま、あまり固く考えずに
クイズを楽しんでください。


まずは、以下のメールのやり取りを
ご覧ください。


ある相談者さんから、添削依頼を
受けた、

その男性と、女の子とのメールやり取り
の実例です。



男:-----------------------------
あけましておめでとう!

アユミちゃんは、楽しいお正月を
過ごしているかな?
----------------------------------

女:--------------------------------------
あけましておめでとうございます。
今日は友達と初詣に行きました。
ひさしぶりに大吉でテンションあがりました。
-----------------------------------------

男:-----------------------------------
元日から初詣に行ったんだ。
混んでたでしょ。
でも大吉なら幸先良いね♪良かった!

また都合のよいときに食事でも行きたいね。
ピーマンのないお店でね(笑)
-----------------------------------------

女:---------------------------------------
地元のあんまり混んでいないとこに
行ったから平気でしたよ~。
大吉は良いことがいっぱい書いてありました!

またこちらに来ることがあったら
声かけてください。
ピーマンなしで(笑)
--------------------------------------------

男:----------------------------------------
了解~。
じゃあ、また連絡するね。
ピーマンのないお店探しとかないとね(笑)
------------------------------------------

女:--------------------------------------
探さなくてもいっぱいありますよっ!(笑)
------------------------------------------

男:---------------------------------
さすがはピーマン嫌いのプロだね(笑)
じゃあまたね^^
--------------------------------------


この2人の出会いはコンパです。


男性の方から突然
「ピーマンのないお店でね(笑)」

と言っているのは、コンパのときに、
この女性がピーマン嫌いであることを
覚えていて、それをネタに持ってきた
そうです。


さて、あなたから見て、このメールの
やり取りは、100点満点中、何点ですか?




















僕の採点は、50点です。



で、これをどうしたら100点に
持っていけるかっていうと、


女:--------------------------------------
あけましておめでとうございます。
今日は友達と初詣に行きました。
ひさしぶりに大吉でテンションあがりました。
-----------------------------------------

男:-----------------------------------
元日から初詣に行ったんだ。
混んでたでしょ。
でも大吉なら幸先良いね♪良かった!

また都合のよいときに食事でも行きたいね。
ピーマンのないお店でね(笑)
-----------------------------------------

の部分ですね。


大吉とピーマンが切り離され
ちゃっているじゃないですか。


男性の、


男:-----------------------------
あけましておめでとう!

アユミちゃんは、楽しいお正月を
過ごしているかな?
----------------------------------


というファーストメールへの
返信の中に、

女:--------------------------------------
あけましておめでとうございます。
今日は友達と初詣に行きました。
ひさしぶりに大吉でテンションあがりました。
-----------------------------------------


と、わざわざ、大吉という

・新情報

を、

・女性の方から


出してきてくれてますよね。



これ、すっっっっっごいっ!重要です。



女性とのコミュニケーションというのは、
これをどれだけ大切に出来るか?

が全てです。


大抵の男性は、せっかく女性が出して
きてくれた、こういうキッカケを、


「ふ~ん」

「へ~」

「良かったね~^^」


くらいで済ませてしまう。

で、どこかから仕入れてきた面白ネタ
なんかを頑張って入れてみたりして、

ただの面白いやつ



ただの変なやつ


になります。



ちなみに、今回の流れであれば、
僕ならば、


男:-----------------------------
あけましておめでとう!

アユミちゃんは、楽しいお正月を
過ごしているかな?
----------------------------------

女:--------------------------------------
あけましておめでとうございます。
今日は友達と初詣に行きました。
ひさしぶりに大吉でテンションあがりました。
-----------------------------------------


と来たら、


「今年はピーマンが
 食べられるようになります【大吉】
 って書いてあった?(笑)」


って返します。


これで100点。


どうして100点かっていうと、


相手が新しく出してきた、
わりと何でもない話(←大吉の話)

に、

相手の話(←ピーマンが嫌い)


を重ねているから。



これは、メールだろうと、会話だろうと、
女性を口説くためのコミュニケーション
には共通して言えることなんですが、

とにかく、


・相手の話をする


んです。


で、

「相手の話をしてください」
っていうと、

みんな急に、

「テストどうだった?」

「へー部活大変なんだ~」

「試合はいつなの?」

「いつも頑張っててエラいね~」


みたいな、第三者からみても、

「いやいや、あんた、それ絶対
 興味ないでしょっ!」

「興味ないけど、その子とセックスが
 したいから、とりあえず質問して、
 とりあえず共感してるでしょっ!!」


みたいな、グダグダな話をしてしまう
のですが、

これだと10点。


僕が言う、


・相手の話をしてください


というのは、相手の感情の話を
してあげるんです。


そういう意味で言うと、
今回のケースは、

直接会っているときに拾った、
この女性がピーマン嫌いという

この女性の話を、ちゃんとネタ
として持ってこれているから、

50点

です。


でも、女性の方からわざわざ出して
きた、大吉ネタを、

「良かったね~」

くらいでスルーしてるから、

マイナス50点です。



ちなみに、8割の男性は、
この50点すら取れていません。


女性を口説きたければ、

・相手の話をする

・相手がちゃんと、分かる話をする


この意味、伝わったでしょうか。


8割の男性が、この50点
すら取れないと言いました。


じゃあ、8割の男性は何をやって
しまうのかっていうと、


1、薄っぺらい質問(←ホントは興味ねーだろっ!)

2、薄っぺらい共感(←ホントは共感してねーだろっ!)

の他には、


用意したネタを披露する。

というのもあります。

これ、直接会っているときに、
方向性のテストとしてなら、
ぜひやるべきなんですが、

たとえば、メールで、


男:-----------------------------
あけましておめでとう!

アユミちゃんは、楽しいお正月を
過ごしているかな?
----------------------------------

女:--------------------------------------
あけましておめでとうございます。
今日は友達と初詣に行きました。
ひさしぶりに大吉でテンションあがりました。
-----------------------------------------

男:-----------------------------------
元日から初詣に行ったんだ。
混んでたでしょ。
でも大吉なら幸先良いね♪良かった!

また都合のよいときに食事でも行きたいね。

あやしい壺とか売りつけるからさ(笑)
-----------------------------------------


みたいな流れだとマズイ。


これは30点かな。



これ、相手の話をしていませんよね。


「ピーマンのないお店でね(笑)」

なら、相手の話だから、確実にこの女性の
心に引っ掛かります。

でもこれを、

「あやしい壺とか売りつけるからさ(笑)」

みたいな、どこからか仕入れてきたネタで
責めちゃうと、とたんに確率論になる。


ウケるかもしれないし、ウケないかも
しれない。


で、ウケなかった時は、そこで
試合が終了します。


直接会っているときに、こういう壺ネタを
していて、しかもそれが女性にウケていた
のであれば、これは100点なんですよ。

でも、何の脈絡もなく、メールの段階で
いきなり、

「あやしい壺とか売りつけるからさ(笑)」

って入れたら、
それはもう、ウケるかウケないか、
ただのギャンブルですよね。


これに限った話ではないのですが、
ネタというのは所詮、ネタなんで。

仮にウケたとしても、

・ただの面白いやつ

で終わることも多いんです。


ネタって、引っ掛かりが無いんですよ。

どんなに面白くても、しょせんは
自分に関係ない話じゃないですか。

興味を持たせることは出来ても、
深く心に引っかからない。

だから、

女性を口説きたければ常に、

その女性の話をすること。


その女性の持ち物とか、
その女性の発言とか、
その女性の視線とか、

その女性の脳ミソや意識、体の周辺、

そういうのを、大切に大切にして
盛り上げていく。





こういう話をすると、

いつ、いかなる時も

100点を取りづけなければならない、

と勘違いして、一言もしゃべれなく
なる男性がいます。

でも、それはそれで、違う。


大丈夫です。

「なるべく100点を取りまくろう」

という明確な意思とゴールのイメージが
が重要であって、

全部100点でなくても、女性は
口説けます。


10点とか30点とかでも構いません。


100点を意識しながら、

恐れず、

女性とのコミュニケーションを
楽しんでください。


相沢蓮也


当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.