FC2ブログ

銀座ホステスとセックスしてきました。 - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

銀座ホステスとセックスしてきました。



相沢です。


「出会い系はサクラばかり」

「出会い系って本当に出会えるの」

「どうせブスばっかでしょ」


こういう声が多かったんで、今日は
それに答えます。


そういえば、3年近くメルマガを
書き続けてて、合コンとかナンパとか、
SNSについては、けっこう触れた気が
しますが、

ふと思うと、出会い系について、ちゃんと
書くのは初めてかもしれません。。。


ワケあって避けてたんですが、
今日は特別です。


さて、


1、出会い系はサクラばかり

2、出会い系って本当に出会えるの?

3、どうせブスばっかでしょ


の3つの疑問に1つずつ答えます。



1、出会い系はサクラばかり


これは、サイトの選び方の問題です。

実は、「100%サクラ」しか
いないサイト

ってのも多数存在していて、


それらをどう、避けるか。


ここは、センスと、持ってる
情報で決まります。


センス、は、要するに、ゴテゴテに
アダルトな雰囲気のサイトは『黒』

と、判断するセンス。


ホームページに、エロい女性の写真を
バンバン掲載していて、

「人妻なんちゃなら」
とか
「欲求不満ナントカ」
とか、
「金と時間を持て余したヒミツの…」
とか、


コレ系は全部『黒』です。


怪しいと分かっていても、そこに
引っ掛かってしまうのが、悲しい男の
サガなんでしょうが(笑)


センスの次は、情報。

これは、本当にちゃんと運営していて
普通の一般女性が多数登録している、
本物のサイトを知ってるかどうか。

ちなみに、本当に出会える、
真面目なサイトは、



*メルマガでのみ公開です。
 ごめんなさい(^_^;)



こうした、本当にコアな情報を、ときどきメルマガ
で公開してますので、興味ある人はご登録ください。


メルマガ登録は↓から
http://rye-ex.jp/fx/22



です。

全て、僕個人が検証済みです。

ちなみに、無料で使えるとこは
全部ダメ。

こういう基本的な初期投資をケチる
人は、何をやってもダメです。

無料っていって、ダマされ、カモ
にされます。


お金は、支払うべき所へはちゃんと
支払うこと。


2、出会い系って本当に出会えるの?


上記理由から、サイトさえ間違えなきゃ
大丈夫です。

最近、出会い系に関する法律が代わり、
サクラを利用すると逮捕されるらしいんで、
サクラの比率もどんどん減るでしょう。


ただ、ひとつ気を付けて欲しいのが、
サイトによっては、いわゆる「援助交際目的」
の人もかなりいます。


こっちは、いきなりエロいオーラを
全面に押し出してたりするんで、
そういう女性は避けてください。

実は、エロエロって女性や、本当に火遊びが
したい女性って、けっこう多いんですが、
そういう女性も、仲良くなるまでは、
メチャクチャ普通です。


不特定多数に向けていきなりエロオーラを
出す女性など、サクラか援助か人格破綻者です。

避けて下さい。


あと、プロフィールの文書を真面目に
しっかりと書いてる女性の方が、会い
やすいです。

プロフィールが一言の女性とかは、暇つぶしや
冷やかしで登録しただけなんで、

この手の女性に労力を費やすのは
時間の無駄です。



3、どうせブスばっかでしょ

女性の写真を確認してください。

今回のメルマガのタイトル
「銀座ホステスと、してきました」

は、

さっき挙げた出会い系サイトの1つ
を利用して、先日、

銀座のホステスさんと出会い、
エッチしてきました。


全然、綺麗です。


最後に。


出会い系最大のコツ。

出会い系を使って、上手く行く人と、
いかない人の決定的な違いは何か?


これは、

・出会い系は風俗やキャバクラではない


という本質が分かっているかどうか、です。


「当たり前じゃないですか。そんなこと
 とっくに分かってますよ」

と、言われそうですが、ここを誤解して
いる人が多すぎます。


出会い系で、出会えてないなら、たぶん
あなたは分かってません。


たとえば、

自分の顔写真を一切掲載していない男が、

顔写真アリの女性に対してのみ、
アプローチしまくる、

という、ちょっと信じられない
やり方をする人がいます。
(思いのほか、多い)

で、

「全然出会えないじゃないか」

「返事がくるのは結局サクラだった」

と。


この男性のやり方、主張を、

・おかしいぞ

と感じられるセンスが、
あなたにありますか?


キャバクラや風俗じゃないんですよ。


あなたは、お金を支払っているのかも
しれません。

でも、そのお金は、出会い系サイトの
運営業者に入っているんであって、


女性には1円たりとも入らない。


女性からすると、本当に、普通の
出会いの場です。


そうしたら、自分(女性)が顔写真を
掲載してるのに、顔写真を掲載していない
男からメッセージをもらったとして、

そりゃ、返信なんかしませんよね。


多少のストレスを乗り越えて顔写真を
出している女性からすれば、

覆面で自分を口説こうとする男など、論外です。


本来、恋愛のリスクというのは、
男がより沢山、被るもの。

そこに、男としての信頼や安心、
男らしさが生まれます。


それを、女性よりリスクを被らないで
おきながら、本当にその女性に、相手に
してもらえると思っているのか。


キャバや風俗じゃないんだぞ。

お金は払ってるけど、あんたは、
お客さんじゃないんだぞ、と、


この感覚が分かってるかどうか。


出会い系を通じて、実際に女性と
デートしてみると、

本当に、この手の勘違いをした
男が多いと分かります。


こういうメンタリティが、メールの
やり取りや、デートでの一挙手一投足
に出てしまう。


憤慨する女性。

そこに理解を示し、共感する僕。

そのままホテルへGO(笑)



いや、銀座のホステスさんが、顕著に
このパターンだったんで。。。




あなたは、出会い系サイトのお客さん
であって、その女性のお客さんではない。


お客さん気分でいるから、1つ1つの
言動にズレが生じる。

だから、綺麗なコと出会えない。

綺麗なコを口説けない。


子どもじゃないんだから。

80年代バブルのセクハラオヤジじゃ
ないんだから。


1人の男として、闘ってください。

出会い系は、出会えます。
すごく綺麗な女性と。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.