FC2ブログ

罪悪感があるんですね… - 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

罪悪感があるんですね…



相沢です。


前回のメルマガでは、アンケートへの回答、
ありがとうございました。


やっぱり、実際に聞いてみると、自分で
想像していたのとは全く違った考え方、

思いもよらない悩み、価値感の違い、

みたいなのを実感でき、とても
勉強になりました。


さて、前回のアンケート募集文で少し
だけ触れましたが、

僕は現在、

「オンナ友達の『性欲』を極限まで高めて、
 うっかり一発やってしまおう!!」


という、見ようによってはアホな(笑)
テーマを、例によって大真面目に
書いています。



科学や心理学のデータを元にしながらも、
かならず僕自身の検証や実体験という
フィルターを通して、

本当に使えるものだけを選んでいます。


恋愛経験に乏しい、実際にはかなり
コミュニケーション能力の低い
「科学者」や「心理学者」が書いた、

「科学的??」方法論や、


恋愛経験豊富な、いわゆる「恋愛マスター」
的なお兄ちゃんの、根拠は分からんが、
とりあえず結果だけを書いた恋愛マニュアル


はいくらでもあるんですが、

・科学、心理学のデータ

・実践と経験のフィルターで検証


という、この2点をクリアした上で、

・独自の検証データ



・豊富な具体例


まで含む恋愛教材は、僕にしか作れない
と自負しています。


会話術で女性を落とそう、というのではなく、
性欲、という切り口に絞って、徹底的にそこ
から切り込んでゆこう、

というのが今回の趣旨です。

よって、「女性との会話が苦手です」
という人にこそ、身に付けてもらいたい
スキルかもしれません。


会話が苦手なら、性欲でアプローチすれば
いいんじゃね??

といった発想。


さて、アンケートを全て読んで
気になった事が2点あります。


1点目。

8割の男性が、女性の「セックス」に
価値を置き過ぎです。

後腐れが心配とか、

その後の関係性が云々とか、

傷つけてしまうかも、


とか、あるいは、オンナ友達とのそれに
対する道徳とか罪悪感とか。


ぜんぶ、その根本には

「セックス」という価値を不当に奪うのでは??


という前提のもとに話されており、
ちょっとビックリしました。


現在僕は、すぐに会う約束のできる、
体の関係も含めた女友達が5人います。

が、全員、僕とのそういう関係を
納得していますし、よく、恋愛相談や
彼氏の相談なんかもされます。


僕の「チンコ」と女友達の「まんこ」
の価値が対等なんだから、

正常な価値と価値の交換がそこに
成立しているわけで、

それで、話がこじれるわけ、ありません。


WIN-WINが成立してるんですから。


たぶん、オンナ友達と肉体関係を持つ
ことに余計な心配をしている人の中では、

そのコの「まんこ」と自分の「チンコ」
の価値が対等でない状態なのかな、

と思いました。


だから、今度の教材には、その辺の
クリアの仕方、

後腐れとか、周囲への心配とか、失敗とか、
オンナ友達と関係を持つ際のメンタリティとか、

そんな話もしっかりとフォローしようかな、

と思います。


2点目。

ちょっと、これはメルマガに書こうかどうか
かなり迷ったんですが、

この仕事を長期的に、健全に続けていきたい、
という想いのもと、思い切って書くことに
しました。


真面目にアンケートに答えてくれた一部の
人間をとても不愉快にさせるかもしれません。


先に謝ります。

ごめんなさい。

いつでも、メルマガを解除してください。


でも、たぶんこのままだと、どこかでお互いに
もっと不愉快な思いをするんじゃないかと思う
んですよ。

だから、書きます。



僕が嫌いな、3種類の人間。

1、女性をモノだと思ってる人達

2、女性に貢がせることをカッコイイと思ってる人達

3、彼女でない、いわゆる「セフレ」を束縛、
  独占しようとする人達



1、女性をモノだと思ってる人達

アンケートを取ったとき、女性に対して
「女は新品でないと嫌だ」とか「お古に興味はない」
といった表現をしている人達がいて、ドン引きしました。


人間に対する表現じゃないですよね、それ。

本当は、ナンパ師がよく使う、「ゲットする」
という言葉も嫌いです。

ポケットモンスターじゃあるまいに……。


セフレという言葉も、好きではありません。

性欲処理の道具、といった
ニュアンスで使う人がいるからです。

僕はその言葉を、広告としての訴求効果を狙って
あえて使う時もありますが(商売ですから)、

基本的には、「セフレ」は「女友達」もしくは、
「セックスもする女友達」
と表現します。


たまに勘違いされて困るんですが、
僕は心から、女性を尊敬しています。

「セックスもする女友達」も、
すごく大切な友達なので、当然、
尊敬しています。


そもそも、尊敬できない人間と時間を
共有するなど、あり得ない。


同じ理由で、

2、女性に貢がせることをカッコイイと思ってる人達

も理解できません。


自分が尊敬する人間に、貢がせよう
とは思いませんよね。


貢がせる、というのは相手を
見下した行為です。


軽蔑する人間をコントロールして
利益を得ようって、

もう、「漫画の世界ですかっ!」って
突っ込みたくなるくらい、

幼稚で下品です。


誇りを持って生きている男は、
「弱者の確認」を必要としません。


3、彼女でない、いわゆる「セフレ」を束縛、
  独占しようとする人達


付き合って結婚するつもりが無いなら、
その女性を束縛、独占する権利はありません。


僕は半年に1回くらい会ってセックスするコから、
2週間に1回、頻繁に会うコ、まで合わせると
常時4、5人の「セックスもする女友達」
がいますが、

誰ひとり、束縛独占するつもりはありません。


よく、彼女達から「カレシについての相談」
とか「恋愛相談」を受けます。

幸せな結婚をして欲しいと思ってますし、
「結婚したからもう会わない」

と言われれば、心の底から「おめでとう!」
って言います。


女性にとって、子どもを産める時間とか、
男性から積極的に求められる
時間というのは非常に短い。


その大切な時間を、こちらのエゴで束縛、
独占しようとして、

本気じゃないのに「付き合ってる」
って言ってみせたり、
結婚を匂わせてひきつけたり、

付き合ってると勘違いさせようとしたり、
妙に期待だけさせたり、

すごく、姑息です。


そうやって、女性から大切な時間をだまし取って、
あなたはその女性の未来について、
どう責任を取るつもりですか?


他人がどうなろうと、
知ったことじゃないってことですか?

だから「キープ」という言葉も嫌いです。


男女に限らず、人間関係というのはwin-winでなければ
やがてお互いが不愉快な思いをする。

一方的に奪おうとする人間は、
必ずその報いを受ける。

少なくとも、「誇りある男」
のすることではない。


僕自身は、女友達とセックスをする、というのは、
女友達と握手をすることの延長だと捉えているので、
後ろめたさが無いんですが、

どうも、こういう一般的に見て不道徳
とも言えるテーマを扱っていると、
変に屈折したような人間が集まりやすくて困ります。


・女性を尊敬している

・人間関係はwin-winが大前提

この2点を守れる人だけ、今後とも僕に
お付き合い頂けると嬉しいです。


今日はかなり生意気なことを言いました。

ごめんなさい。



----------------------------
●抽選で新しい恋愛教材を配布します。


さてさて、上記の

・女性を尊敬している

・人間関係はwin-winが大前提


を踏まえてもらったうえで。



実は、教材自体は既に8割がた
出来あがっています。

これからアンケートを基に、
加筆したり修正したりしますが、

基本骨子は変わりません。


女性の『性欲』をとことん分析した
うえで、その引き出し方、高め方を
とことん追求した教材です。


で、これを抽選で11名の方に
プレゼントします。

ただし、
「お客様の声」

と引き換えです(笑)


必ず実践して、その結果を
「お客様の声」

としてまとめてくれる人。


抽選は、なるべく公正に行ないたい
ので、その方法も全部公開します。


ステップ1:

下のフォームに名前とメールアドレス
を記入して送信


ステップ2:

1番最初に送信してくれた人、

10人目に送信してくれた人、

20人目に送信してくれた人、





100人目に送信してくれた人、


まで。


これで11名。



応募フォームは↓
募集は締め切りました。たくさんのご応募ありがとうございました。




☆~~~~~~~~~~~~~~~☆

こういったイベントやプレゼントは、
不定期で開催しています。

また、ブログに掲載できるものは、
それらの内のごく一部となります。


実際に参加してみたい、もっとプレゼントを
受け取りたい、

という人は、↓のメールマガジン
http://rye-ex.jp/fx/22

にご登録ください。

特に、編集後記では、不特定多数の人が
見るブログでは、公表できないお話を
しています。

☆~~~~~~~~~~~~~~~☆


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.