女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

悪い男がモテるのは



相沢です。


「悪い男がモテる」

というイメージがあります。

これは、僕に言わせると、

半分正解で、半分ハズレ、

みたいな言葉なのですが、


今日は、正解の方。

悪い男がモテる理由のひとつ、

について。


「なぜ、あんな不誠実な
 男がモテるんだっ!?」

の、その理由と、

あなたがこれを知って、

じゃあどうやって、

そのノウハウを上手に
取り入れれば良いのか?

について、お伝えします。


そして、今日のお話は、

ひとことで言うと、


・洗脳ノウハウ


でもあります。


特に、現実では、


お金もうけ主義の企業や、

マスメディアが、

大衆からお金を
しぼり取ったり、

自分に都合の良いように
誘導、洗脳するための
手段として、

かなりひんぱんに、

そして実は、

かなり意識的にやられている、

実用性ばつぐんの
洗脳技術です。


・・


その技術の本質とは、

ひとことで言えば、


「誰かのせいにしてあげる」


あるいは、


「何かのせいにしてあげる」


です。


人は、

誰かから優しく、

「あなたのせいでは無いですよ」

って言ってもらうと、

びっくりするくらいに

あっさりと、

その人を受け入れます。


僕は最初に、

これを、

「お金もうけ主義の
 企業のやりかた」

と言いましが、

例えば、

企業がダイエット関係の
食品を売ろうとしたら、

そこにはだいたい、

「あなたが、やせられないのは、
 あなたの意志が弱いとか、
 努力が足りないせいではありません」

「炭水化物のせいなんです」

「人工甘味料のせいなんです」

「悪い油を取っているせいなんです」

といったメッセージを
発信します。

「だから、〇〇を食べれば
 簡単に解決しますよ」

っていって、

その「〇〇」を売り付けますよね?

「炭水化物のかわりに、
 これを食べましょう!」

「人工甘味料をやめて、
 こちらを食べるようにしましょう!」

「本当にやせる油は、これです!」

って。




他にも、

例えば、

あなたがモテないのは、
髪の毛が薄いからです。

これを使えば、全部解決!


あなたが自信を持てないのは、
ファッションがダサいからです。

こちらのコースに申し込めば…


あなたが不自由なのは、
収入が少ないからです。

副業をやって、自由な時間を
手に入れましょう。

そのためには…





こんな感じですね。

おおむね、

みんさん、

「原因はこれです」

という言い方をしながら、


「何かのせい」

にすることで、

「あなたのせいではありませんよ」

って、まずは、

優しく、あなたの理解者となり、

そして、

「〇〇のせいなんです」

と、

「何かのせい」

にしつつ、

その「何か」を解決する
ための方法を、売り付けます。

売られたほうも、

「あなたのせいでは無いですよ」

という言葉とセットで、

お金を払えば、簡単に解決

という甘い言葉に乗ってしまい、

企業側がこれを、

エグくやればやるほど、

言われた方は、

お金を支払ってしまいます。


それから、

「誰かのせい」

これも本質的には
同じことなのですが、

お金が目的ではなくても、

例えば、マスメディア
なんかはよく、

「政治家の●●が悪い!」

「学校が悪い!」

「世の中が悪い!」

っていうメッセージを
喜んで流しておりますが、

あれも、

メディアは、

見ている人達を
取り込んでしまいたいわけです。

視聴率が欲しいから。

で、こういう洗脳に
弱い人っていうのが、

いつの時代も必ず
一定数いて、

「そうだ!そうだ!
 おれがこんなに貧乏なのは
 全部、政治が悪いんだ!!」

「おれがこんなに不幸なのは、
 世の中が悪いんだ!」

「自分はこんなに真面目に
 生きているのに、
 世の中、バカばかりだから」

というふうにして、

こういう人たちは

マスメディアに
取り込まれてゆくわけです。

マスコミの洗脳。

こうやってマスメディアは
必死になって、

視聴率を集めるわけです。

まあ、それも、要するに
お金のためなのですが…




こうしてみると、

構造的には
怪しげな新興宗教と同じですよね?

「自分が不幸なのは、
 悪霊のせい」

「先祖をまつらないせい」

「厄年のせい」



さて。

僕はべつに、

道徳の先生でもなければ、

社会活動家でもありません。

ここで重要なのは、

こういった技術を

どうやって、

あなたが狙っている女性に
対して、使っていくのか?

これは、

突き詰めると、

かなり奥が深くて、


900ページくらいの
専門書が書けてしまう
レベルのお話なので、
※実際に書いてます(笑)

ここでは、

そのほんの入り口の部分を
お伝えしますが、

それは、

狙っている女性に対しては、

120%、

その女性を甘やかす。

どんなに、その女性に
原因があっても、

あなただけは、

そこを絶対に、追及しない。

正論を言わない。

説教しない。

「本当に、あなたのことを考えて、
 心から、あなたのためを思って、
 あえて厳しいことを言うんだよ」

っていうような、

「正しいこと」を言わない。



「ダイエットができないの」

→太るようなお菓子を売ってる
 企業が悪い


「仕事でミスしちゃった」

→ミスするような指示を出した
 上司が悪い


「友達とケンカしちゃった」

→そんな言い方をする、
 その友達が悪い


「遅刻しちゃった」

→君を待たなかった
 電車が悪い





無茶だと思いますか?笑

でも、本気で女性を
洗脳しようと思ったら、

このくらい極端に
やって、ちょうど良いです。

女性も、本当は、
分かってるんですよ。

「悪いのは自分だ」

って。

そして、

あなた以外の全員は、
それをそのまま伝えます。

「悪いのは、あなたでしょ?」

「大人なんだから、
 そのくらい責任持ちなさい」

って。


その女性、本人も分かっているし、
周りも分かっている。


だから、あなたが
やることに、

意味があるんです。

そんな当たり前のなか、

あなただけは、

甘やかしてくれる。

許してくれる。

めちゃくちゃでも、
味方でいてくれる。

そこに、

大きな意味が生まれます。

そうやって、

あなたが、

わがままいっぱいの
子どもみたいに、
受け入れてくれるから、

逆に女性は、

あなたから、

エネルギーをもらって、

前へ進めるんです。

そして、

あなたから、

離れられなくなります。



男ってやつは、

ついつい、

相手のためを思えば思うほど、

正論をいったり、

説教したり、

アドバイスをしたり

してしまうものです。


逆に言うと、

本当は、その女性のこと
なんか、どうでもイイと
思っている、

ただ、せっ○スさえできれば
相手の人生なんて知ったこと
ではない、

くらいに割り切っている

いわゆる、

「悪い男」
「冷たい男」
「不誠実な男」

のほうが、

心の底では、

どうでもイイ

って思っているぶん、

無責任に、とことん
女性に甘い言葉を
あたえられるので、

それがまた、


悪い男ほどモテる、

みたいな、

現実とつながったりします。

まあ、ともかくですね、


「オレは、お前のことを
 心のそこから、
 ちゃんと考えて」

とか、

「おまえのためを思って」

みたいな、

「男の本能」ともいえる
性質を、ぐっと我慢して、


とことん、狙っている
女性を甘やかす
ことが出来るのか?


ここが、よく、

女性が、

「あなたのためなら、
 いつでも死ねるし、
 なんでもできるよ」

となるか?


「すごーい。
 ほんとうに、あなたの
 言うとおりですよねー」

と、その場限りの
社交辞令で終わって、
2度と連絡をもらえなくなるか?


の重要な、分かれ道に
なったりもします。


相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.