FC2ブログ

女性を狂わせ虜にする、7つの会話術

接点の少ない同じ会社の女性



相沢です。


今日は、

・接点が少ない、同じ会社の女性

の口説き方をお伝えします。


「部署が違うので、話す機会がありません」


「ときどきすれ違うのですが、
 どう話しかけて良いのか分かりません」

的なやつです。


会社が違っても、

外注スタッフとして、ときどき
すれ違います、

とか、

同じ学校で、よく見かける
のだけれども、

どうアプローチして良いのか
分かりません、

とか、


そういうのも同じです。


ここには、恋愛の本質的な、
とても重要なポイントが
隠されています。





ところで、一般的な男女の
出会いにとって

何が一番大切なのかっていうと、


・自然であること


です。


そうして、「自然である」とは

どういう事なのかっていうと、


『他人』には『他人』の

『知り合い』には『知り合い』の

『友達』には『友達』の

『親友』には『親友』の

『恋人』には『恋人』の、


それぞれの関係性に応じた
距離の取り方、

というものがあって、

その『距離感』をちゃんと
守れること、


です。


『距離感』とは何かっていうと、

分かりやすいよう、

極端な具体例をあげますと、


例えば、


会社内で、たまにすれ違うだけ
っていう関係性の女性に対して、


いきなり、お土産を渡したりとか、

誕生日プレゼントを渡したりとか、


そういう事をしてはいけない、


って事です。


怖いですよね?


ただ、顔を知っているだけの
相手から、いきなり、


「今日って誕生日でしたよね?
 受け取ってください。」

って言って、アロマキャンドル
とか渡されたら。


「え? あなた誰?
 何で私の知らない人が、
 私の誕生日知っているの?」

って。


怖いですよね?


「沖縄行ってきたら、可愛い
 ペンダントがありましたので
 あなたのために、買ってきました」

とか。

じゃあ、アロマキャンドルや
ペンダントでなければ
良いのか?


安くてお手頃な、お菓子ならば?


う~ん。。。

もしもあなたが、普段から

旅行に行くたびに、

会社内の全員に対して、

そのお菓子を配り歩いているの
であれば、

まあ、許容範囲でしょう。


もしもあなたが、会社内の人間全員の
誕生日を全員把握していて、

全員に対して、同じことを、

つまり、会社内の誰かが誕生に
なるたびに、

1人ひとりに、お菓子を配り
まわるというキャラの男性
であれば、

許容範囲といえば、許容範囲な
気がします…
(それはそれで、別の怖さを
 感じてしまいますが…)


・・・


直接会っているときは
この辺の距離感がちゃんと
分かっている男性でも、


メールとか、LINEになった
とたんに、

おかしくなるパターンが、

けっこう多いです。


とりあえず、その場の流れで
LINEを交換しただけなのに、

翌日から、急に

「おはよう」
「今日も頑張ろう!」
「おやすみなさい」

っていうメッセージが
バンバン届く…とか。

『顔見知り』程度の認識の
相手からこれが来たら、

怖いですよね?





ともかくですね、


『他人』には『他人』の

『知り合い』には『知り合い』の

『友達』には『友達』の

『親友』には『親友』の

『恋人』には『恋人』の、



それぞれの関係性に応じた
適切な距離の取り方、

というものが、

人間関係には求められる
わけでして、


そいつを読み間違えて、


相手の女性からは、

『他人』

『ただの顔見知り』


程度の認識であるにも
関わらず、


こちらから、

『友達』とか『恋人』的な
要求や振る舞いをしてしまう、


このギャップを、


・不自然である


と表現します。


「自然な恋愛がしたい」


という意識が強い女性ほど、
この部分が重要になりますし、


ここで、不自然な言葉や行動を
行うことで、

「気持ち悪い」

と感じられると、

だいたい、その恋愛は
そこで終わります。

ゲームオーバーです。





ところで、

この、


・女性との距離の取り方


というものには、

全ての男性にとっての
共通の基準というものは、
案外少ないように思います。


例えばそれは、


『まったくの他人』

である男性が、

一方的に気になる女性の
誕生日を調べ上げて、

サプライズで、

花束と、指輪を贈る、


とか、


そのくらいに、大ざっぱな
レベルであれば、

だいたいの男性は、

分かると思うんですよ。


「そりゃー、ダメですよね…」

って。


でも、もっと実践的なレベル
ですね、


例えば、


「顔見知り以上、友達未満、くらい
 なのですが、

 メールやLINEのメッセージは、
 どの程度のものまでなら、
 受け入れられるでしょうか?

 プレゼントはどの程度までなら
 受け入れられるでしょうか?」

とか。


「まったくの他人というほどでは
 ないですけれども、けっして
 よく話すほうではありません。

 この場合、旅行のお土産って
 あげても大丈夫ですか?

 また、どの程度のものなら、

 値段とか、モノなのかお菓子なのか、

 とか、どこまでなら『不自然』では
 ないでしょうか?」


っていうレベルになると、

みなさん、だいたい、
分からなくなってしまいます。


で、だいたい、間違えます。

自然であることよりも、

プレゼントをあげたり、
メッセージをやり取りしたい、

という、自分都合の欲求に
目がくらんでしまいますので。



そうして、この辺の、

つまり、

「どの程度が不自然じゃないんですか?」

「どの程度が気持ち悪くならないラインですか?」


って聞かれると、

僕は困ります。


それは、


・あなたのキャラによるから


です。


最初の具体例を
思い出してください。


社内でたまたますれ違うだけ、

という女性に対して、

国内旅行の簡単なお菓子の
お土産を渡すとした時に、


もしもあなたが、普段から、

旅行に行くたびに、

会社内の全員に対して、

そのお菓子を配り歩いているの
であれば、

で、そういう『キャラ』だって
ことが会社内に知れ渡って
いるならば、

普通に、不自然なく、

お土産を渡せて
しまうわけですよ。


すれ違う程度の女性であっても。




ここで重要なのは、


女性との距離の取り方には、

全員の男性に共通するような

絶対的な基準は少なく、


むしろ、


あなたの『キャラ』による
ところが大きい。


という点です。




逆に言うとですね、


あくまでも、
女性からは『自然』であると
感じられるようにしながら、


ただすれ違うだけという
関係性から、

『自然』な形での恋愛に
発展させるためには、


男性側が、最低限クリア
しなければならない


『キャラ』


というものがあって、

それは、


・誰に対しても、爽やかな笑顔で
 挨拶できる

・誰に対しても、人なつっこい


という『キャラ』です。


この、


「誰に対しても」


の部分、超重要です。


特定の、狙った女性にだけ
それをやったのでは、

『キャラ』として成り立ちません。


その、人なつっこい態度が、

不自然で気持ち悪いものに
ならないためには、


普段から、誰に対してもそうである、


ことが必要です。


・・・


以上を踏まえたうえで、


同じ会社なんだけれども、

たまにすれ違う程度という

女性を口説くための手順。


要は、女性との距離感の
問題ですので、


「たまにすれ違う程度」

ではなくとも、


同じ会社とかで、

ときどき顔を合わせるならば
応用は聞きます。


本質をつかんでください。


まずは


ステップ1:

笑顔の練習をしてください。


で、たまに、その女性と
すれ違ったタイミングで、

明るく優しく
爽やかに、相手の目を見て、
『笑顔』で挨拶するクセをつけましょう。


たまに訪れる、その一瞬のアプローチに
全力を出してください。



挨拶というのは、

他人同士という関係性でも
許しあえる、

むしろ好感触を与える、

ほぼ唯一のコミュニケーションです。

なので、『笑顔』がほぼ
唯一にして最強の武器となります。


それを何回かやったら、

次は、

「おはようございます」

などの挨拶に加えて、


「暑いね」
とか

「寒いね」
とか、

そういう一言を添えるように
してください。


いつも感じよく挨拶して
くれる男性、


であれば、


そういう男性からの
「今日は暑いですね」

程度のプラスアルファは

感じの良いものです。


でも、まだこの時点では、

だらだらと会話しようとしたら
絶対にダメです。

その一言とかを言い合うだけです。

それを何度か続けたら、


つまり、


笑顔の挨拶+α


を普段から言い合う仲に
なったならば、


今度は、

その女性が身につけているものや、

その女性に起こったちょっとした変化を
指摘してください。

「その(腕)時計可愛いですね」
とか

「その色、素敵ですね」
とか

「そのカバン、春っぽくてキレイですね」
とか。

「ネイル可愛いですね」
とか

「姿勢いいんですね」
とか

「そのボールペン可愛いですね」
とか

「字がキレイなんですね」
とか


とにかく観察して、
気が付いた点を指摘すると良いです。


ここでも、相手がそのことについて
もっと話したがったら乗っかりますが、

そうでなければ、なるべくサラっと
切り上げます。


それを何度か続けているうちに、

相手の方から会話をふってくる
ようになります。

そしたら、その話題に乗っかってください。

ここまで来ても、だらだらと長くは
ダメです。

あくまでも、サラっと。

で、これを何度か繰り返して
いるうちに、


会話の量が増えてきます。

そしたら、会話の流れで、
お茶か食事に誘ってください。


・自然である


とは、こういうことです。

長期戦略が基本です。


あなたの欲望にまかせて
いっきに距離を縮めようと
すると、

不自然になり、


気持ち悪くなります。


じっくりと時間をかけて、
「自然な流れ」を作ってください。


上記アドバイスで、

「それを何度か続けているうちに」

と僕は言いましたが、その「何度か」
の基準は、

「自然な流れ」と感じられる範囲、

です。

また出来れば、男女問わず、

上記の流れで、色々な人と
仲良くするクセをつけると良いです。


普段からやるから、

本番=彼女の前

でも自然に行えます。


あと、これは僕が
サラリーマン時代に
よくやっていたのですが、


社内の自動販売機の前とか、

休憩スペースとか、

ちょっとした『間』を共有する時間は
上記の流れが作りやすいです。


なんとなく、自動販売機の前で
待っていたり、

どれを買おうか迷ったりする、

あの『間』って、

挨拶+ちょっとした会話の
きっかけにしやすいです。


受付や事務の女性も、ヒマそうに
しているタイミングを見計らえば、
やりやすいです。



僕はタバコは吸わないのですが、

吸う人であれば、

今なら、喫煙エリアとかだと
さらにやり易いと思います。



それともし、


あなたが、


「この言動は不自然か?
 そうでないか?」

に迷ったならば、


特定の女性に対してではなく、

他の男性とか上司とか後輩
とかにも、同じことをするかどうか?

で考えてみると良いです。


LINEを交換した顔見知り
程度の関係性の

男性の知人に対して

あなたは、

「おはよう」
「今日も頑張ろう!」
「おやすみなさい」


というメッセージを
送るんですか?


という問題です。


「お土産を渡しても大丈夫ですか?」

という疑問であれば、


「あなたは、会社内の男性の知人全員に
 対してお土産を渡すキャラなんですか?」


だし、

「普通の友達くらいの関係性だと
 思いますが、誕生日プレゼントは
 渡しても良いですか」


であれば、


「あなたは、普通の男友達に対して、
 普段から 誕生日プレゼントを
 渡してますか?」


です。


女性の大半は、

「自然な出会い方がしたい」

と思っているものです。


『自然』を演出できるだけの
笑顔と挨拶を身につけてみて
ください。

相沢蓮也

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 女性を狂わせ虜にする、7つの会話術 All Rights Reserved.